家庭料理と地酒しま

お知らせやお店の日常、愛猫、趣味のことなどを綴っています

花紀行・・・淡路島~こんぴらへ

04月09日(月)20時17分
 病院勤務時代からの友人4人でよく旅をしている。その中のひとりがリゾートホテルエクシブの会員なので、エクシブで美味しいものを頂き、サクラや紅葉を愛でることが恒例になっている。
 今回は日本料理アカデミー主催の料理コンペティションで優勝した黒木美順氏が料理長を務める、「エクシブ淡路島」に行くことにした。近場なので、11時前に車で出発。明石海峡を渡り、まずは数日前に新聞で写真とともに
紹介されていた「あわじ花さじき」で美しい菜の花畑を散策して楽しんだ。その後、エクシブ近くの洲本城のサクラを愛でるために、カーナビを頼りに洲本城跡(三熊山洲本城跡、123室町時代に安宅氏によって築かれたが、秀吉の淡路攻めで落城した。昭和3(1928)年に天守閣の展望台が再建され、本丸や石塁、濠は当時のまま残っている)
に行った。濠の傍から、三熊山の頂上に仰ぎ見る可愛らしい天守閣を目指して歩くことになった。なるべく身軽になって、何やら薄暗い険しい道を4人で登り始めたが、他に歩いている人もなかったので不安になった。地元の人らしい初老の男性が追い付いて来たので、天守閣までの道のりを訪ねると、一緒に歩いてくれることになった。毎日登って運動にしているとのことや、蛇が多い道や近道、椎の木が多いこと、天守閣は鉄筋で出来ていることなどを歩きながら教えて下さった。頂上近くに何故か「厳島神社」の道しるべがあった。広島の厳島神社と何か関係があるのかしら?(後で調べてみることに)息を切らしながら頂上にたどり着くと、様子が一変した。立派な石垣の上に可愛らしい天守閣が鎮座して、満開のサクラに彩られていた。それに、登っている人がほとんどいなかったのに、たくさんの観光客で賑わっていたのだった。何だか竜宮城へ来た浦島太郎のような、童話の世界のような体験である。実は私たちが登って来た道は登山コースで、正規のルートは他にあって、大勢の方はすぐ近くの駐車場に車を止めて天守閣まで来ていたことが分かったのである。4人もいて、誰一人思い及ばなかったとは!!!
当然帰りも同じ道を下山して、私たちが止めた駐車場まで戻ったのであるが、もう一度正規のルートを探して車で駐車場へ行き、納得してホテルに行った。・・・・続きは次回に。
 
  <菜の花畑・・・向こうに見えるのは大阪湾>
nanohana.jpg

  <三熊山(標高133m)の登山道の巨大な椎の木>
sumoto-.jpg

  <道しるべ>
mitisirube.jpg

  <天守閣・・・見上げているのは友人二人>
sumoto-jyou.jpg



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://shima614.blog9.fc2.com/tb.php/87-f3674a66

TOP

template designed by honome

しまブログカウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

tokiko

Author:tokiko
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR