家庭料理と地酒しま

お知らせやお店の日常、愛猫、趣味のことなどを綴っています

アルペジョーネ・ソナタ

06月09日(火)22時32分
 7日、「ヴィオラとピアノによるウィーンの風」がアートサロン空で開催された。おこがましくも、初めて曲目を指定させて頂いてお願いしたコンサートだった。いつもは、アフターコンサートの準備で場内でコンサートを楽しむことはままならないのだが、今回は何がなんでも聴かせて頂こうと思っていた。後半、何故か最前列にぽつんと空いていた席に座らせて頂いた。「アルペジョーネ・ソナタ」を生で聴けると思ったら緊張して、ピアノに続いてヴィオラの何とも切ない音色を聴いた瞬間に金縛り状態になってしまった。場内が一糸乱れず、崇高な何かに導かれているような、そんな空気を感じた。中島さんの動きがぴたりと止まるまで、誰一人先に拍手をする人がなかった。本当に感動的な素晴らしいコンサートだった。たくさんのお客様が「もう一度ききたい」とおっしゃっていたし、某ヴァイオリニストの方も「ヴィオラのファンが増えるね」と絶賛されていた。

  ” 中島さんと一ノ瀬さんに心から感謝申し上げます。”
 
  <プログラム>・・・・・シューベルトをメインにしてのプログラミングは、難しいそうです。
◆エルガー   愛のあいさつ
◆洋瀬陽一   ヴィオラとピアノのためのソナチネ
     ※楽器のお話し
◆ブリッジ  ヴィオラとピアノのための2つの小品
         ・ペンシエロ(想い)
         ・アレグロ アパショナート
◆シューベルト  即興曲 作品90-2(ピアノソロ)
◆シューベルト  歌曲集より
         ・春の夢
         ・セレナーデ
         ・野ばら
         ・4つのワルツ  
        ♪・・・休憩15分・・・♪
◆シューベルト  アルペジョーネソナタ
<演奏中の中島さん・・・・魂がこもった演奏、お姿も美しかった>
6-7nakajima.jpg
<アンコールにも2曲応じて頂いた。満面の笑顔です。花束贈呈役の琳ちゃんもピース!>
6-7花束
<アフターコンサートはしまの庭に移動して、コンサートの余韻を楽しみました。握手を求めたNさんは「人馬一体のコンサートだった」と絶賛し、もう一度、同じコンサートをしてほしいとおっしゃっていらした。(同感!)>
6-7握手
<お天気も良くて、庭でのビールと柿の種が受けていました。柿の種がそんなに喜ばれるなんて思いませんでした。(柿の種、様サマで~す)>
6-7ahuta-.jpg


コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://shima614.blog9.fc2.com/tb.php/658-78812ec3

TOP

template designed by honome

しまブログカウンター

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

tokiko

Author:tokiko
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR