家庭料理と地酒しま

お知らせやお店の日常、愛猫、趣味のことなどを綴っています

リリー・クラウスのヴェートーヴェン

01月18日(日)23時46分
 年末からず~っと走り続けているような忙しさで余裕の無い日々が続いていた。今日、夕方になってやっとお昼ご飯を用意して窓際のテーブルに座ったら、急にレコードが聞きたくなった。ヴェートーヴェンのピアノ・ソナタを聴くことにして、ひとり食事を始めた。ボリュームを上げて久しぶりに聞いたピアノ・ソナタは、小さなコンサートホールで聴いているような臨場感ある素晴らしいピアノだった。ピアニストはリリー・クラウス。このレコードを買ったのはたぶん40年以上も前なので、もうご存命ではないと思うが一応調べてみることにした。そしたら、なんとこの古いレコードをブログで紹介している方がいらして、小さな感動を覚えた。このレコードを購入した経緯が「コンサート・ホール・ソサエティという会員制レコード倶楽部」があって、通販で購入したことをはっきり思い出したのだ。無口で感傷的だった若かりし頃の自分を思い出した。しばらく、このレコードに嵌りそうな予感。(リリー・クラウス1903年4月3日 - 1986年11月6日)

<今さらながら深い感銘をうけた、リリー・クラウスのヴェートーヴェンだった>
リリー・クラウス
<このジャケットの写真がネット上にあったことに驚いた。ブログの方にコメントを残したいと思ったが、最近更新されていなかったので思いとどまった。>
reko-do.jpg

<夕暮れ時のしまの庭・・・・冬枯れの庭の佇まいも凛としていて好きだ。夕暮れ時は空の様子が刻々と変わっていくので面白い。「コーヒーを片手にいい音楽を聴きながら、暮れなずむ時を楽しめる」って、カフェにしたら良いかも知れないなぁ~。>
1-18reko-do.jpg




コメント

No title
リリー・クラウスにベートーヴェンの録音があったとは知りませんでした。が、素晴らしい演奏であろうことは容易に想像できます。私の2枚目のCDに録音したシューベルトの「グラーツ幻想曲」はシューベルトの死後、ずっと発見されないでいたものを、リリー・クラウスが1960年代になって楽譜発見直後に初演したものです。彼女のピアノ界での功績は、はかりしれないものがあります。
2015/01/19(月) 22:31:36 |URL|晶子 #- [編集]
No title
 コメントありがとうございます。このレコードは、たぶん何十年も聞いていなかったと思います。何だかちょっとした宝物を見つけたように感動しました。リリー・クラウスってすっばらしいピアニストだったんですね。ヴァイオリニスト、シモン・ゴールドベルクとの競演アルバムも是非聞いてみたくなっています。晶子さんの2枚目のCDも、一人の時にゆっくり聞いてみますね。音楽って限りなく興味をそそられるものなのですね。
2015/01/21(水) 00:08:52 |URL|tokiko #- [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://shima614.blog9.fc2.com/tb.php/603-6a38634c

TOP

template designed by honome

しまブログカウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

tokiko

Author:tokiko
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR