家庭料理と地酒しま

お知らせやお店の日常、愛猫、趣味のことなどを綴っています

ニューイヤーコンサート~~in京都

01月13日(火)23時47分
 11日、京都市交響楽団の「ニューイヤーコンサート」を京都コンサートホールで聴いてきた。チェリストの実ちゃん(城甲実子さん)が出演すると言うことでチケットを買って頂いた。チラシをみたら何と大好きなチェリスト宮田大さんがソリストで出演するとあって、期待も倍増。指揮は2011年ブザンソン国際コンクール優勝のイケメンの垣内悠希(かきうち ゆうき)さん。「グルダ:チェロとブラス・オーケストラのための協奏曲」はジャズやロックのような、若々しく華やかな曲で、大さんのチェロを全楽章で存分に堪能した。後半の「ベートーヴェン:交響曲第6番へ長調・田園」も若々しい明るい感じがニューイヤーコンサートらしく、女性奏者の華やかなドレスが花を添えていて、新春の素敵な時間を楽しませて頂いた。
 京都コンサートホールは、10数年前に樫本大進さんのコンサートに行って以来だった。何だかホールの周りが様変わりしていて驚いた。ランチを近くの「キャピタル東洋亭」で食べたが、こちらもふた昔前に来た同じレストランとは思えないほど、周りの景色もお店の雰囲気も変わり果てていた。100年以上も続く格式あるレストランのはずなのに、知らなかったらチエン店かなと見間違えるほどの佇まいになっていてビックリ。中に入ると順番待ちのお客様が入り口に並んでいて、時代の流れを思った。お店自慢の「ハンバーグセット」を食べたが、さすがに美味く接客も良くて大満足。いっしょに行った友人が「わざわざでも食べに来たい」と言ってくれた。アフターコンサートは偶然に同じコンサートのチケットを買っていたしまのお客様(?)に絶品の京懐石をご馳走になるという幸運に恵まれた。幸せな京都の休日だった。

<京都コンサートホール・・・・ザ・シンフォニーホールの音とは違う?、どこが?、どう?>
   曲目  モーツァルト:歌劇「後宮からの誘拐」序曲K.384
        グルダ:チェロとブラス・オーケストラのための協奏曲
        ベートーヴェン:交響曲第6番ヘ長調「田園」op.68
コンサートホール
<螺旋状のスロープ・・・・音楽家のパネル写真が掛けられていて、惹かれるように進むとホールの入り口になる。>
suro-pu.jpg
<実子さんとヴァイオリニストの田村安祐美さん・・・・ドレスのままロビーで待っていてくださった。>
1-11実子さん
<ミシュラン☆の祇園なん波・・・・最後にお薄とともに出されたお菓子「あけぼの」、素晴らしいお料理の数々を堪能させて頂いた。カウンターだったので、写真を撮るのはちょっと勇気がいるが、最後だけ許可を得て一枚。>
akebono.jpg
 



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://shima614.blog9.fc2.com/tb.php/601-43458b51

TOP

template designed by honome

しまブログカウンター

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

tokiko

Author:tokiko
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR