家庭料理と地酒しま

お知らせやお店の日常、愛猫、趣味のことなどを綴っています

タイサンボクの花

06月24日(火)21時27分
 しまの西側の庭には、屋根よりはるかに大きいタイサンボクの木がある。昨日、真っ白な大輪の花が咲いているのに気づき、感動ものだった。この木はあまりに大きくて花も高いところに咲くので、下から見上げてもどんな花なのか分からなかった。常緑樹ながら、大きな葉がたくさん落ちてくるので枯れ葉を掃除するのも結構手間なので、あまり好ましく思ってなかった。ところが単純なもので、美しい花を見ると急に愛おしく感じてしまった。とりあえず写真に収めて、花のことを知りたくてネット検索をして見たら、別名をマグノリアと呼ぶことが分かった。マグノリアと言えば、池田市の逸翁美術館内にある「マグノリアホール」である。花の名前のホールだとは聞いていたが、どんな花なのか知らないままでいた。でも、どうしてマグノリアホールと名付けたのだろうか?マグノリアは「大きな花」を意味する語とされ、花言葉は、「前途洋々」「壮麗」「威厳」「高貴」「崇高」などとあった。小林一三さんが好きな花だったのだろうか?いろんな関心がわいてくる花である。

<泰山木(タイサンボク)の花・・・・直径20センチ位、いい香りがするらしいが嗅ぎそびれた>
6-24タイサンボク
<大木のタイサンボク・・・・別名「マグノリア」、モクレン科・ 常緑高木・ 高さ10~20メートル前後になる・原産地は北アメリカ。1輪だけ手に届くところに咲いた>
6-24マグノリア


コメント

No title
マグノリアのお花、初めて拝見しました。りっぱできれいな花ですね。実はアメリカにいたとき、留学仲間の日本人女子学生の方と、「本当のアメリカ料理って食べてみたいね」と、「マグノリア・レストラン」というところに行ったのです。お味はいまいちでしたが(高級店なのでおいしいのでしょうが、私たちの口には合わなかった)マグノリアという花がどんなものかは全く知りませんでした。時子さまの解説で、やはりアメリカ原産の木というところから名付けられたのだろうと納得しました。20年近く経ってから、時子さまのお店で拝見できるとは、なにかご縁を感じます。
2014/06/25(水) 13:44:32 |URL|晶子 #- [編集]
No title
 池田のマグノリアホールの名前が中々覚えられないで、言いにくい名前のホールだと思っていました。お花の名前だと言うのは聞いても、何故かどんな花なのか知ろうとも思わなかったのは、自称「花好き」には迂闊なことでした。まさかまさか、タイサンボクの別の呼び名とは、本当に驚きです。庭に咲く花としては、一番大きな花なのかもしれませんね。「マグノリア」もうちゃんと言えそうです。
2014/06/26(木) 00:29:53 |URL|tokiko #- [編集]

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://shima614.blog9.fc2.com/tb.php/508-1b6a4f0e

TOP

template designed by honome

しまブログカウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

tokiko

Author:tokiko
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR