家庭料理と地酒しま

お知らせやお店の日常、愛猫、趣味のことなどを綴っています

山中湖・箱根~~芸術紀行 最終編

04月30日(水)23時35分
 週末からず~と庭の草取りと草木の手入れに夢中になっていた。小雨のなかでも濡れながら頑張ってしまうのには、我ながら可笑しな人間だと思う。肉体労働も過ぎると、パソコンに向かう気力が無くなってしまう。「芸術紀行」などと、大そうなタイトルを付けてしまってちょっと後悔したが、お粗末ながら締めくくることにする。
 さて、今回の一番の目的は「喜多川歌麿 深川の雪」の鑑賞。岡田美術館へは、結局、最終日の午前中に行くことになった。お昼には箱根を出る予定で、美術館の9時オープンを目がけてホテルを出た。入館が早かったので、信じられないくらい人が少なくて、お目当ての「深川の雪」はじっくり鑑賞することが出来たが、2時間半の持ち時間はすぐに無くなり、他の作品は駆け足になってしまった。映像でしか見たことがない、伊藤若冲・丸山応挙など超大物の作品もあって、陶磁器も凄いものがたくさん出ていた。全5階からなる展示場を見て回るには半日では無理だと思った。
 それにしても、箱根は他にも行ってみたい美術館がいくつもあって、大変興味深いところである。また、違う季節に訪れたいと、後ろ髪を引かれる思いで車で帰路に着いた。

<岡田美術館の入り口・・・・入場料2800円(ちょっと高いかな)。まだ、団体のお客様も無くてすんなり入れたが、カメラ・携帯・大きなバックなどはロッカーに預けて、空港と同じような身体チェックがあった。フランスのルーブルやオルセーなどの美術館では当たり前だが日本の美術館にしてはセキュリティが厳しかった。
4-22okada.jpg

<「深川の雪」・・・・ガラスの内側にある作品は、縦199㎝・横341㎝の巨大な掛け軸。室内は薄暗く、作品にスポットライトを当てる展示方法だった。色鮮やかな画面には、総勢27名の人物たちが生き生きと描かれ、折敷の上の料理や器なども実に細やかに美しく描かれていた。お客様が少なかったので、ゆっくり鑑賞できた。 ”百聞は一見にしかず”

深川の雪

<足湯カフェ・・・・右側に巨大な壁画「風・時(かぜ・とき)日本画家福井江太郎作)」があって(写真の撮り方が悪くて分かりずらいが)、足湯をしながら鑑賞できるらしいが。早かったせいか誰も利用はしていなかった。
足湯 



コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://shima614.blog9.fc2.com/tb.php/485-9e9700fa

TOP

template designed by honome

しまブログカウンター

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

tokiko

Author:tokiko
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR