家庭料理と地酒しま

お知らせやお店の日常、愛猫、趣味のことなどを綴っています

川波農園

01月20日(月)23時16分
 何年も前から気になっていた、生駒市高山にある「川波農園」を見学しに行って来た。
新大宮にある、日本料理店「川波」のオーナーさんがお店で使う野菜のために、土づくりから始められた農園とのことで、雑誌で紹介されていたのを知って、関心をもっていた。一昨年の暮れに、九州からきた友人(食材にはかなりこだわりを持っている元料理人)とお店に懐石を頂きに行った。その時出された野菜の美味しさに友人ともどもとても感動した。切っただけのような根菜類の甘さが引き立ち、シンプルな葉物のお浸しは出しが効いていてとっても美味しかった。初めて味わった赤い大根の美味しさが忘れられずにいた。お店に置いてあった農園のチラシに「見学できます」とあったので、昨日思いたって農園にお邪魔した。突然の訪問にも、快く対応していただき、広大な農園や竹やぶを軽トラで案内して下さった。年間を通じて50種類の野菜を作っているとのことだった。今は根菜が主のようで、葉物は寒いからあまり大きくならないそうだ。たくさんの野菜を少しづつ分けて頂いてきた。人参のような大根や、あの感動の赤い大根もあった。見た目は小株だが切ると紅い色をしていて、「紅芯大根」と言うことが分かった。食べて見たい衝動に駆られながら、お客様にお出しできる水曜日までじっと我慢しているのだ。
 高山はとても寒くて、水たまりは凍っていた。氷は解けず、学園前とは3度は低いそうだ。ダウンは着ていても足元から冷えて同じところにじっとしていると寒さに震えた。私にはやはり、農業は無理!

<農園の一部・・・農園はあちこちに点在していて、全部で4000坪ほどになるそうだ。竹林もあり、キノコの栽培、米も作っていて、何と穴窯でお店で使う器も焼いtいるというスーパーマン、他に感じのいい青年が二人働いていた>
川波農園

<分けて頂いた野菜たち・・・・堆肥作りから手掛け、ぬか、油カス、卵殻、柿しぶ、モミ殻、酒粕(中本酒造の)、落ち葉などを混ぜ、寝かせて発酵させたものを使っているので、野菜本来の香りも味も格別とのこと。心して料理をせねばと思う>
yasai.jpg
 


コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://shima614.blog9.fc2.com/tb.php/434-4a397f5f

TOP

template designed by honome

しまブログカウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

tokiko

Author:tokiko
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR