家庭料理と地酒しま

お知らせやお店の日常やお知らせ、趣味のことなどを綴っています

♪~~フェスティバルホール~~♪

05月14日(火)14時40分
 昨日、フェスティバルホールでのコンサート「東京都交響楽団 大阪特別公演 インバル=都響のチャイコフスキー」を聴いてきた。プログラムは・・・ 
              ◇ウェーバー 歌劇「オベロン」序曲
              ◇チャイコフスキー ロココ風の主題による変奏曲 イ長調 作品33
                 チェロ:宮田大
              ◇チャイコフスキー 交響曲第5番 ホ短調 作品64

 新しくなったフェスティバルホール、指揮者のインバル、ソリストのチェリスト宮田大、ワクワクするコンサートだった。フェスティバルホールは、赤い絨毯の階段など、旧フェスティバルホールの面影をあちこちに残していて、ちょっとホットした。ホワイエの星空のような照明もきれいだった。座席は2階1列左より、舞台はすべて視野の中、大さんの表情も見ることが出来た。大さんのチェロの音色は上品で素晴らしかった。アンコールは、サンサーンスの「白鳥」、大きなホールが静かなチェロの音色に包まれて、聴き入っていると涙があふれた(最近マスマス涙もろくなったようだ)
 最後の5番は、インバルと都響が全開!ものすごい勢いで迫ってきて、金縛りにあったように取り込まれてしまった。ふと1階の客席に視線を移すと、満員のお客様が、お人形のように微動だにせず、舞台に釘付けになっていた。一瞬不思議な光景を目にしたような気がした。噂どおりに音楽が降ってくるような、素晴らしいコンサートホールだと思った。鳴り止まぬ拍手!(手が痛くなった)に応えてくれた曲は、これまた大好きな、ブラームス「ハンガリー舞曲」。すべて期待を凌駕して素晴らしいコンサートだった。ちなみにチケットはS席で5500円、これは安すい、倍の価値あり!
 
<ホール内・・・早くついたので客席はまばら、周りに気を使いながらシャッターを押した>
5-13.jpg
<高いところのBOX席は、個人的にはないほうが美しいような気がした>
5-13box.jpg


コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:http://shima614.blog9.fc2.com/tb.php/310-2c4c690f

TOP

template designed by honome

しまブログカウンター

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

プロフィール

tokiko

Author:tokiko
近鉄学園前の駅近くで家庭料理と地酒のお店をやっています。営業日が金曜日と土曜日だけですが、貸切営業もしています。また、プロの音楽家によるコンサートなども企画・主催しています。

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR