家庭料理と地酒しま

お知らせやお店の日常、愛猫、趣味のことなどを綴っています

生駒山のお花たち

04月21日(木)21時42分
 昨日の生駒山ハイキングで出会った花たち。

<クサイチゴ>
4-20草いちご
<ムラサキケマン>
4-20ムラサキケマン
<チゴユリ>
40-20ちごゆり
<イチリンソウ>
4-20一輪草
<ミツバツチグリ>
ミツバツチグリ
<スミレ>
4-20sumire.jpg
<桜の大きな幹に鎮座したタンポポ>
4-20タンポポ
<アケビの花・・・・あちこちで群生していた>
4-20akebi_20160421213337444.jpg


ハイキング~生駒山

04月20日(水)21時33分
 友人に生駒山ハイキングにつれて行ってもらった。途中まで車で行って、ゆっくり新緑やお花を愛でながら鳥の美しい声を楽しみながら約10キロの行程だったが、息切れすることもなく歩けた。お天気も良くて、良いことばかりの素晴らしいハイキングを楽しませて頂いた。友人とお天気に感謝!

<アップダウンのある道もほどよく、良い行程だった>
4-20新緑
<平坦な道もあって、初心者にはうれしい>
4-20yurityan.jpg
<生駒山頂のサクラ・・・・八重桜、枝垂れ桜も見ごろ>
4-20sakura2.jpg
<山桜?、こちらも満開>
4-20sakura.jpg
<平日のせいか閑散としていた遊園地>
4-20遊園地
<花見をしながらランチタイム・・・・朝早く起きて3人分の弁当を作った。喜んでもらってよかった>
4-20benntou.jpg
<お弁当広場の猫ちゃん・・・・食べ物ねだって、いろいろアプローチしに来て可愛かった。>
4-20neko.jpg


兵庫県を楽しむ

04月19日(火)23時27分
 午後から、兵庫県立芸術文化センターでの関西弦楽四重奏団のコンサートに行ってきた。4時終演だったので、舞子公園まで足を延ばして夕日を見ながら中華料理をいただいた。コンサートまでは、いろんなドジをふんだが、素晴らしい夕日で締めくくることができて、楽しいミニ旅になって良かった。ちなみに最大のドジは、持って出たチケットは6月の五嶋みどりさんのチケットだった。何とかチケットなしで入場させて頂いたが、我ながらなさけなかった。

<しまのクリスマスコンサートに出演していただいた田村さんがメンバーの関西弦楽四重奏団のファーストアルバムだそうです。サインもして頂いて、熊本震災の募金もさせていただいてきました。>
田村さん
<明石大橋と夕日・・・・ガラス越しにとっているので画像が悪い(言い訳)>
4-19夕日
<点心3種>
点心
<デザート・・・杏仁豆腐は新鮮なフルーツが添えられて美味しかった。友人の分まで頂いた。>
deza-to_20160420000225a81.jpg
<ナース時代のいつものメンバー・・・・この位置で夕日を愛でる幸せ!>
舞子ビラ



チェンマイのさくらプロジェクト

04月18日(月)20時26分

タイ、チェンマイのさくらプロジェクトのオーナーになりました。

このプロジェクトは、チャンマイ大学農学部と近畿大学農学部の協力のもと、びわこ揚水土地改良区が、公益財団法人りそなアジア・オセアニア財団から助成金を受けて行っています。(興味がある方は下記HPをご覧になって下さい)
http:www.chiangmaisakura.com

<こんなメッセージを入れてもらいました>
チェンマイ


贈り物

04月14日(木)22時59分
 福岡に住む友人から、こころ尽くしの旬の美味しい物がいろいろ届きました。ひとつひとつ丁寧な添え書きがあって、彼女の人柄がいっぱい詰まっていました。
送りもの
<柚子カード・・・・パンに塗ってワインの共に最高、優しいお味です>
yuzubata-.jpg
<つくしの砂糖漬け・・・・先日のお茶会でお干菓子として頂きました。お薄によく合います。>
つくし4-13


卯月~2016

04月04日(月)22時23分
 野山も街も桜色に染まり一気に春爛漫になりました。
4月2日のコンサート「ヴィオラとピアノによるヨーロッパの香り」はお陰様で満席でした。ウィーンからいらしたベルンハルト・パルツさんと中島悦子さんは息の合った素晴らしい演奏で、最初から最後までお客様を惹きつけていました。エルガーの「愛の挨拶」に始まり、バッハからヒンデミットまで、時代を追った分かりやすく興味深い解説で、深く、時に楽しく歌うように曲の中に誘ってくれました。タイトルのように、何だかいつもの空とはちょっと違うような空気を感じながら聴きました。プログラムも中身が濃い曲ばかりでしたのに、アンコールに、パルツさんがショパンの「幻想即興曲」を弾き始めた時には、静かな歓声があがりました。お帰りになるお客様からたくさんの感謝のお声を頂戴しました。パルツさんのCDもたくさん売れてよかったです。
 ご来場いただいた皆様ありがとうございました。
 < プログラム>
エルガー    愛の挨拶
バッハ     ビオラ ダ ガンバソナタ1番より1、2楽章
シューマン   おとぎの絵本より1、3楽章
シューベルト  アルペジョーネソナタ
        ・・・休憩・・・
モーツァルト  ピアノソナタ へ長調 K.332
ヒンデミット  ビオラソナタ Op.11-4
♪アンコール・・・幻想即興曲、早春譜、さくらさくら
 
<パルツさんの奥様は日本人のヴァイオリニストで中島さんのご友人で、ウィーン留学時代からの長いお付き合いだそうです。>
nakajima2.jpg
<中島さんのヴィオラは、艶やかで演奏されている表情もステキです>
nakajima.jpg
<花束贈呈、奈良県ジュニアオーケストラで中島さんと共演したことがあるバイオリンのお嬢さんが聴きにきてくれました。間接的にですが、たくさんの感動を受けて多くのことを学んで帰られたとのことでした(右にちらっと写っているお嬢さん)>
hanataba_20160404222831377.jpg
<鳴り止まぬ拍手に、幻想即興曲を弾いて下さるパルツさん>
syapan.jpg
<休憩中は、ちょっとティタイム。美しい枝垂れ桜を愛でながら、お客様も楽しそうでした>
kyuukei.jpg
<お天気にも感謝です>
kyuukei2.jpg
<アフターコンサートは、もちろんしまです。パルツさんは料理も「美味しい」って全部召し上がって下さったようです。>
shima2.jpg
<しまの雰囲気も気に入って下さって「ここは日本ではなくウィーンのホイリゲ(居酒屋の呼び方)に居るようです」と。
shima.jpg
<日本語もお上手なパルツさんは、お酒を片手にあちこちのお客様の所に行って楽しそうに談笑されていました>
shima3.jpg
<新幹線で東京に向かうので早めのお別れでした。お客様とハグしたり、本当にフレンドリーでステキな方でした。なんと、この後しまの常連様の間でハグのやりあいっこで、ホントにウィーンのホイリゲのようでした。しまのお客様はノリがいいです。それに、パルスさんが11月に来日することを聴いて、早速次のコンサートが決まってしまいました。>
shima4.jpg


TOP

template designed by honome

しまブログカウンター

カレンダー

03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

tokiko

Author:tokiko
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR