家庭料理と地酒しま

お知らせやお店の日常、愛猫、趣味のことなどを綴っています

伊万里展

11月29日(土)23時42分
 会期が11月30日までの「IMARI 伊万里」展、やはり見逃すことが出来なかったので、今日行って来た。ヨーロッパの王侯貴族に愛されただけあって、絢爛豪華な磁器の数々は別世界の焼き物だった。伊万里と聞いて、想像したのは古伊万里の染付の蕎麦猪口だったので、知識のなさを思い知った。日本の職人さんの技術は高い!
<今日の中の島>
11-29nakanosima.jpg
 
 帰りの電車の中でのこと。向かいにイケメンの若者が3人座っていた。その中の一人が素敵な紙袋を大事そうに持っていた。おもむろに仲間に「つまらない物ですけど、って渡したらいいかな?」と。そしたら隣のイケメンさんが「そんなことは言わない方がいい」。しばらく普通に会話が続いていたが、再び「・・・じゃぁ、お世話になりますって、渡そうかな?」。私は口元が緩んでしまった。何ともほほえましくて、聞いていて幸せな気分になった。どんな方にお渡しするのだろうか?きっと素敵なご家庭で育ったのだろうなぁ。良い日だった。


紅葉~~見ごろになりました

11月28日(金)23時44分
 しまの庭のモミジもやっと見ごろを迎えました。夜はライトアップしていますので、夜の紅葉もお楽しみいただければと思います。
 11-28niwa.jpg
<見上げるとこんな感じです>
11-28kouyou.jpg
<北側の庭にも小さなモミジの木があります。ジャングルのように生い茂っていた庭を夏ごろから大改造をして、南側とはちょっと趣を変えて山野草の庭にしたいと思っています。>
11-28kitaniwa.jpg


芸術の秋を満喫~~~♪

11月27日(木)23時47分
 しまの定休日は、久しぶりに庭仕事から解放されてあちこちへ行って楽しむことが出来た。

 23日(日・祝)、生駒市主催の音楽祭・ファイナルコンサートを友人たちと聴きに行った。子供たちのわらべ歌はとても可愛らしくて、ちょっと胸が”きゅ~ん”となった。オペラ「カルメン」のブリッタ・シュヴァルツ(アルト)さんはとっても魅力的で、目が離せなかった。チェロの伊東裕さんの肩にも手を置いて誘惑の眼差し、魅惑的なカルメンにタジタジのようで、おかしかった。アフターコンサートは、しまで友人4人でワイン会。

 24日(月・祝)、いずみホールの「小山実稚恵 ピアノ・ロマンの旅」のコンサートへ。今回は~粋な短編小説のように~とサブタイトルが付いている。プログラムは、スカルラッティから始まり「ソナタ 嬰ハ短調」「ソナタ ホ長調」と続いたが、あまりに美しい音色に涙があふれた(最近涙もろくなってはいるが)。スカルラッティの名前も知らなかったが、小山さんに不意打ちをされたような、平常心ではいられないように心を奪われた。あとは、シューマン、ショパン、アルベニス、リスト、ドビュッシーと続いた。もちろんすべて素晴らしい演奏で、すっかり小山さんのファンになってしまった私。

<小山さんと洋子さん・・・・今回はしまの常連のお客様でピアニストの洋子さんと一緒に行った。小山さんと洋子さんは同じピアノの先生にレッスンを受けていたそうで、何と30数年ぶりのご対面。突然のことに小山さんは驚かれて、お二人は何度も手をとりあっていて、見ていた私も胸が熱くなった。小山さんは、次のスケジュールが迫っていて、あっという間に後方に見える叔父様に連れて行かれた。私と洋子さんは、小山さんの余韻を楽しみながら鶴橋の「すし銀」へ。そして美味しいお寿司を堪能。>
11-24 小山さん

 25日(火)、神戸市にある香雪美術館の「大名茶人 松平不昧の好み」展を観てきた。こじんまりした展覧会だったが、人も少なくゆっくり茶人の世界を垣間見ることができた。美術館の敷地の雑木林が美しく、紅葉がきれいだった。

<香雪美術館の入り口・・・・仏教美術、書跡、近世 絵画から茶道具、漆工芸、武具に至るまで日本、東洋の古美術コレクションなどを収藏 する美術館。私は初めての訪問。>
香雪
<香雪美術館の雑木林・・・・塀の向こうにある建物は見えないほど大きな敷地にある。>
香雪美術館
<友人宅9階のベランダから・・・・すごい環境!ビルの向こうは海。眼下にはルミナリエの試験点灯が! 夜は念願の絶品餃子をお腹いっぱい食べて、プロインドりーブのパンを買って帰った。三宮から学園前まで一直線は楽。神戸は都会だわぁ~。
ルミナリエ


ボージョレーヌーボー解禁

11月20日(木)14時46分
 11月20日は第三木曜日、ボージョレーヌボーの解禁日。近年はしまでも、解禁日にはボージョレ―ヌーボーを特別にメニューに入れている。好き嫌いは別にして、何だかお祭りの様にみんなで楽しむのは良いと思っている。何より、「今年もヌーボーを飲める」は、健康で元気だからと思うようにしている。行きつけの酒屋さんでお勧めのヌーボーを2本買ってきた。

<ボージョレ―ヌーボー・カマンベールチーズ・リンゴ・・・・リンゴは長野県リンゴ農家からの直行便、チーズとリンゴのマリア―ジュはワインに合います!>
ヌーボー11-20


根菜が美味しい季節になりました

11月19日(水)16時01分
 新大宮にある「割烹・川波」さんのオナーさんは、高山の広大な農園で有機野菜を作っていらっしゃいます。ご縁があって、またお野菜を分けて頂いてきました。色々な大根のサラダが美味しいです。今日はメニューに加えます。
11-19daikon.jpg


京都へ

11月18日(火)22時02分
 気になっていた展覧会「国宝・鳥獣戯画と高山寺」を見に京都国立博物館に行って来た。平日だし夕方だったら空いているかと思って出かけたが、待ち時間1時間40分。とりあえず入場して長蛇の列には加わらず、常設展を見るため新館へ行ったが、急に空腹を感じてレストランで遅い昼食を摂った。その後、足早に興味のあるものだけを鑑賞。本館に移動するころには陽も落ちていた。長蛇の列は短くなっていたが、30分くらい待ってやっと入場した。その後が長い、お目当ての「鳥獣人物戯画」は甲巻・乙巻・丙巻・丁巻の4巻があるのだが、人気の甲巻を見るのに狭い部屋で迷路のように貼られたロープの間を歩かされるのだが、満員電車のような込み具合。肝心の甲巻を見る時は「止まらないで下さい!」のご注意に急かされて、じっくり鑑賞することも出来なかった。”混雑する展覧会にはもう行かない”と思った。帰りのバスも人がいっぱいで、バスが来ても乗れず、2台も見送った。やはり、京都は奈良とは違う!

<擬人化されたユーモラスな動物たちの動きが楽しいはずだったが、疲れたぁ~>
展覧会

<本館前・・・テントが設置されて長蛇の列の人が>
11-18matijikan.jpg
<列に加わる前に・・・幻想的な京都タワーがきれいだった>
11-18tawa-.jpg
<京都駅のイルミネーション・・・都会だなぁ~>
1-18kyoutoeki.jpg


街路樹

11月17日(月)22時40分
 いよいよ紅葉が見ごろになってきた。自宅近くのナンキンハゼの街路樹は、紅葉も見ずして哀しいほどの剪定をされてしまっている。我が家は、生駒市真弓の隣で奈良市に入るが、同じ通りなのに奈良市側は丸坊主にされて、境界線を境に生駒市側はナンキンハゼの美しい並木道が続いている。そして、大通りのケヤキ並木も美しいので、紅葉の季節には楽しみにしている。が、しかし・・・・今日は・・・・ショックだった!

<生駒市のナンキンハゼの並木道(この手前側は奈良市になるが、同じナンキンハゼの街路樹は、早くに形の悪い柱のようにカットされて立っている)・・・・・・きれいな紅葉を写真に収めて、次のケヤキ並木通りに行ってびっくり、なんとケヤキの並木道は無残に剪定の洗礼を受けていたのだった。ワクワクしながら向かったケヤキ並木が、みすぼらしくなっていたのには驚いた。思わず ”えぇ~、ひど~い、なんでぇ~”とひとり声をあげていた。>
11-17haze.jpg

<精華大通りのメタセコイヤの並木道・・・・こちらは京都府に入るが、近くにある精華大通りの街路樹。いつ来ても美しい風景を目にしてほっとした。>
1-17メタセコイヤ

<精華大通りの遊歩道・・・・通りは学術・研究都市として「国立国会図書館」や「けいはとんなプラザ」などの施設が建ち並ぶ。遊歩道のモミジの紅葉も美しかった。>
11-17keihanna.jpg


書画万葉~~お稽古

11月14日(金)23時49分
 第二金曜日は、「書画万葉」の貸し教室の日。私は書道だけをお願いしているので、草花が詠まれている万葉集の中から、自分の好きな歌を選んでお稽古させて頂いている。今日は、しまの庭でも育てている「マユミ」を詠んだ歌にした。

 <南淵の 細川山に 立つ檀(まゆみ) 弓束巻くまで 人に知らえじ 巻1330>
~~ふたりの恋が実るまで人に知られないようにしましょう~~と、訳されている。南淵の細川山は明日香村にあるとのことで、昔、檀(まゆみ)の木は弓を作る材料に用いられていたそうだ。
 上高地でしか見たことがなかった檀が明日香村にあるとは嬉しい!是非見に行きたいものだ。
 
<先生のお手本・・・・恋の歌に詠まれているのはいいな~>
マユミ
<しまの庭の檀(まゆみ)・・・・赤い色が濃くなってきた。もうすぐ実が割れそう!>
11-14mayumi.jpg
<上高地の檀の木・・・・10年ほど前の写真だが、落葉した大きな木に可愛らしい赤い実が青空に美しかったのを鮮明に覚えている。また上高地に行きたいなぁ~>
mayumi.jpg



クリスマスコンサートのお知らせ

11月12日(水)23時45分
 しま恒例のクリスマスコンサートが12月23日(火・祝日)に決定しました。
出演は、はにうたかこさん(ソプラノ)とあべありかさん(ピアノ)です。お二人ともしまでは初めてですが、ちょっとしたご縁でお願いすることになりました。シューベルトの歌曲をたくさん歌ってくださるようですので、とっても楽しみです。
 今回は、諸事情によりまして会場が隣のアートサロン空になります。コンサート終了後は、希望者だけしまに移動していただき、出演者もご一緒に親睦会を予定しております。忘年会も兼ねて楽しいひと時をお過ごしいただければ幸いです。親睦会の詳細は、追ってお知らせいたします。

   12月23日(火・祝日)  開演:15:00(開場は14:30)
   会場:アートサロン空(しまの南隣)
   チケット:2500円(全席自由)
   お問い合わせ・・・・・家庭料理と地酒しま☎0742-45-1317   
                アートサロン空☎0742-43-2250
14年12月23日コンサート ←クリックで拡大します


11月の喫茶去の会

11月09日(日)23時52分
 11月は、茶の湯の世界では炉開きの月。しまでの「喫茶去の会」は炉がないので年中風炉でのお稽古。しかも畳が苦手な方が多いので常に見立ての立礼。でも、11月は必ずぜんざいを炊いて気持ちだけでもその気にさせる。今日も相変わらずの賑やかなお稽古を楽しんだ。途中、最年長のMさんのお孫さん(高校生の男子)が立ち寄られたので、Mさんがお点前をしておもてなし。お孫さんもジージーも嬉しそうだった!(イイね!!!)
 お茶の後は、恒例化した飲み会。今日は、野菜が山盛りのピザ、バジルのスパゲティ(自家製バジルソース・・・美味しかった)、海の幸と野菜の串焼きなどの盛り合わせ、手作りパン。飲み物は赤ワイン。

<長期欠席の一人を除いて7名全員が出席。お点前に入る前にぜんざいを頂いた。>
11-9otya_201411100018544c8.jpg
<新豆で炊いたぜんざい、季節の恵みに感謝!>
zenzai.jpg
<お菓子は奈良の菊屋製「秋の路」中心に栗が入っている。>
11-9okasi.jpg


TOP次のページ>>

template designed by honome

しまブログカウンター

カレンダー

10 | 2014/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

tokiko

Author:tokiko
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR