家庭料理と地酒しま

お知らせやお店の日常、愛猫、趣味のことなどを綴っています

鯛に乾杯!

10月30日(木)23時50分
 昨夜は満席で大賑わい。先日、お客様に頂いたチョコレートの祝鯛をみんなで頂くことにしました。全員奥のテーブルに集合して、ワクワクドキドキの祝鯛の解体ショー!
<これが噂のブログの鯛・・・・知っている人も知らなかった人もご注目!>
祝鯛
<「3枚下しにしよう!」と意気込んだものの、固くて切れないのは当たり前、みんなでワイワイ楽しみました。>
kakitai.jpg
<こんな感じに・・・・中に別のショコラが3つ入っていました。緑の笹の葉も水引も茶色の台もすべて美味しかったです。10人で頂きましたが十分でした。>
10-29tai.jpg
<チョコレートには赤ワインが・・・・買ったばかりの赤ワインを1本振る舞いました。みんなでチョコレートをつまみながら、素敵な時間を楽しみました。>
wain_2014103101153023d.jpg
<こんなシンプルなセッテングで、楽しい時間を共有できるのは嬉しいですね。>
wain2.jpg


深まる秋の日に

10月28日(火)21時28分
 今日は秋晴れ、紅葉も少しずつ進んでいる。
 朝から布団を干して寝具も真冬用に換えて、あれもこれもと洗濯機を3回まわした。一人暮らしでも家事は限りないが、家事をこなしていくのはけっこう楽しい。押し入れも手を出したくなったが、お店の用事もあるので3時に家をでた。そして、日没まで2週間がかりの庭の冬支度をした。陽が落ちて、ふと空を見上げたらきれいな三日月が・・・・。

10-28tuki.jpg

<マユミが初めて実を付けた・・・・随分まえに上高地で初めてマユミを知った。大きなマユミの木に赤い実がたくさん付いていて青空に美しかったのが忘れられなかった。4年ほど前、隣の空に実が付いたマユミの木が植えられた。その実を貰って種を蒔いたら3本芽が出て、今2本が元気に育っている。>
10-28mayumi.jpg

<剪定後の前庭・・・・右側のほっそりした木がマユミ。マユミを鑑賞すべく、他の木を思い切り剪定して、大きくなり過ぎたアジサイは北側の庭へ移植した。でも、来年はみんな元気でそれぞれに美しい花を見せてくれるはず。>
庭―後
<剪定前の庭・・・・南天、ムクゲは根元から剪定。それでも翌年は同じくらいに成長する。>
前庭
<南側の庭・・・こちらも思い切りよくやってしまった。そして、ブルーベリーの木を10本に増やした。今年ブルーベリーで作ったジャムがとても美味しかったので欲を出してしまったが、育ってくれるかな?塀沿いのはブラックベリー。
1-28niwa2.jpg
<柿の収穫・・・・今年は柿の実が極端に少なかった。形も悪く不揃いだが、美味しい。>
10-28kaki.jpg



アロマセラピー

10月27日(月)21時34分
 先日、隣のアートサロン空で「田村富蔵・・・木肌にふれて」の展示会があった。毎年恒例の展示会ではあるが、いつも場内いっぱいに木の香りが漂っているので癒される。今回は最終日に行って槇の木の丸太と杉の木片を買った。槇の木はとってもいい香りがするので、お客様に楽しんで頂きたく玄関に置いてみた。誰もいない玄関に入るとウッディな香りが心地よい。

<年輪も美しい槇の木・・・・割れ目を入れておかないと、ひび割れするとのこと。木のアロマセラピーをお楽しみ頂きたい。>
maki.jpg
<全体・・・・高さは50センチほど。皮を剥いで磨きをかけた木肌は真珠のように美しい。>
槇の木


今日は・・・・

10月23日(木)23時43分
 今朝、自宅近くの郵便局に振り込みに行ったが、電話で訊いた口座番号が枠に合わなくて送ることが出来なかった。電話で再度訊こうとしたが、こんな時に限って携帯を昨夜からお店におきっぱしだった。それで、郵便局で公衆電話を探すが見当たらない。職員にたずねたらあっさり「有りません」の一言。住宅街の郵便局なので、外へ出ても公衆電話などあるわけな~い。せめて郵便局ぐらいは公衆電話を設置してほしい。何かの時には、何処かの郵便局を探せば電話を出来るようにしてもらえないのだろうか?

 午後から、お店のまわりの道路端の草取りをした。先日、「お店をしているんだったら、前の道もきれいにしたらいいのにねって言っていたよ」の雑音が聞こえてきた。時々は道路の草取りもしているが、いつも雑草がない状態には出来ない。私には手に余るような広い庭を、一人で手入れをしてしているので、優先度と言うものがあるのだ。とは言え、耳に入った以上は直ぐにやらなければと思ったのだった。ビニール袋を片手にひたすら草取りをしていたら、通りがかりの方が二人「ご苦労様です」と労って下さった。

 仕込み時間になったので、おでんを炊きながらあれこれと奮闘していたら、チャイムが鳴った。玄関に出ると、隣の空のお茶の先生が和服で立っていた。「もう椿が咲いているのね。来週使いたいので、蕾を貰える?」「どうぞお好きなのを切って下さい」とハサミを渡したが、いっしょに行ってご要望に応えた。開店間際は吟ちゃん(愛猫)の手を借りたいくらいなのだ!

<久しぶりに吟・・・・陽だまりを見つけて居眠り、役に立たない!>
10-23gin.jpg


花だより

10月22日(水)23時39分
 ふと見れば、初嵐がたくさん咲いていた。冬が来るんだと思った。

<初嵐・・・・庭に有る椿の中で一番に咲くのが初嵐。北側の目立ちにくい所にあるので気づきにくいが、今年は早すぎる。>
初嵐

<ルリスズカケ・・・・2,3年間に花好きの友人から名札を付けて頂いた。名前も知らなかったのでどんな花が咲くのか楽しみにしていたが、今年初めて花が咲いた。初めて見る花だった。>
rurisuzukake.jpg
<ルリスズカケは・・・・蔓性でこんな感じに咲いている。>
ルリスズカケ


栗を楽しむ

10月19日(日)23時42分
 秋の味覚栗を3人の方から計5キロ頂いた。2キロは栗きんとん用に裏ごしして甘く味付けして冷凍に。3キロは渋皮煮にした。そして、渋皮煮の灰汁がいっぱいの煮汁で草木染を楽しんだ。数日をかけたが、けっこう大変な作業である。肩こり、指の痛みに湿布をしながらも頑張る自分が可笑しくもある。

<大鍋の中の渋皮煮・・・・何度も水を換えながら煮て、渋が抜けたら砂糖を2,3回に分けて加えて、仕上げにブランデーを入れる。>
渋皮煮
<瓶詰めにした渋皮煮・・・・脱気を10分くらいして保存。数本は、季節の果物などを送ってくれる友人たちに送った。>
10-13kuri.jpg
<こんな感じに・・・・お客様にサービスでお出しすると”美味しい!”って言っていただけるのが嬉しい。>
10-19sibukawa.jpg
<渋皮煮の草木染め・・・・同じ白い布で渋皮煮の煮汁で、時間・媒染などを変えて試し染めして見た。左から、煮汁のみ、鉄媒染、鉄媒染の2度染め、煮汁に酢を少量加えて染めた後に鉄媒染に浸けた。実は草木染は初めて。渋皮煮の赤ワインのような色を見ながら、ふと思いついて試してみた。いつか玉ねぎの草木染をして見たかったので、友人から鉄媒染を少し頂いて持っていたので、布切れで試してみたら思いのほかうまくいった。おもしろ~い!>
草木染


サプライズ!~~~祝鯛

10月18日(土)23時42分
 お客様から「チョコレート、美味しいよ」と、高級そうな紙袋に入った物を頂いた。開けてびっくり!祝鯛があま~い香りを放って横たわっていた。リーガロイヤルホテルのショコラブティック・レクラのチョコレートだ。ホワイトチョコレートに焼き色を付けたりして、中にはボンボンショコラが入っていて、すべてチョコレートで出来ているとのこと。直ぐに食べてみたいと思いつつ、写真を撮ってとりあえず冷蔵庫へ納めた。何かのお祝いに贈ったら絶対に喜んでもらえそう!どんなチョコレートなのだろうか?
 そういえば、レクラは惑星のチョコレートが有名で、以前バレンタインデーのお返しの惑星3個入りのチョコレートに感動したことを思い出した。
祝鯛


マユハケオモト

10月16日(木)23時48分
 今年も咲いた、マユハケオモト。今までに何人もの人に株分けして差し上げたが、この時期になると「咲きました!」のメールをよく頂く。殆どほったらかしで育てているが、本当によく育ってくれている。長~く咲いてくれるし、優等生のお花だ。

10-16マユハケオモト
mayuhake.jpg


もしも・・・

10月15日(水)10時04分
 家庭菜園にまだ青いトマトが残っていたら、是非お試しください。とてもおいしいのです。
トマトは薄く皮をむいてスライスして、甘酢に漬けるだけです(甘酢は好みですが、酢100㏄に砂糖50~60g位)。
<写真は作って3日目>
ピクルス10-13
<漬ける前のトマト>
トマト


ヴァイオリン&ピアノ~~神無月のひととき

10月14日(火)20時09分
 先日のコンサートは12名のお客様でした。6時開場と同時に食事と飲み会が1時間ほど続いて、7時からコンサートになりました。今回のプログラムは、名曲が多くて秋の夜長にしっとりと聴かせて頂きました。ヴァイオリンの嶋田さんは博識でお話上手、丁寧な曲の解説を交えながらステキなヨーロッパの旅へ誘って下さいました。皆様、目を閉じたりして静かに聞き入っていらっしゃいました。
        < プログラム >
1. F.Schubert(シューベルト):セレナーデ
2. A.Dvořák(ドゥヴォジャーク): ユモレスク               
3. F.A.Drdla(ドゥルドゥラ) :思い出
4. J.Strauss(シュトラウス): ヴィーンの森の物語
5. G.Fauré(フォーレ) :シチリアーノ
6. J.Massenet(マスネ) :タイスの瞑想曲
7. V.Monti(モンティ) :チャールダーシュ

<嶋田さんと野島さん・・・・20年も一緒に演奏しているそうで、まるでご夫婦のような素晴らしいハーモニーでした。「 ヴィーンの森の物語 」は、目を閉じて聴いていると、嶋田さんが解説されたような情景が見えるような気がしました。>
10-12デュオ
<お客様・・・・初めていらして下さった方が4名様。コンサートが終了したらいつの間にか自己紹介が始まりました。某放送局の元アナウンサーのN様が、当然のように司会をされていたのですが、黙って自己紹介を聴いてはくれません。茶々を入れる人が多くて中々進みませんが、それが楽しくもありました。嶋田さん、びっくりされたのではないでしょうか・・・・。>
10-12okyakusama.jpg
<提供した日本酒・・・・参加者が少なかったので4本にさせて頂きました。東北泉・八反錦が1番人気でしたがほぼ完売。全く飲まない方が2,3人いらしたはずなのに、みなさんよ~く飲みました!特に女性が素晴らしい飲みっぷりで、お開きは10時過ぎになりました。帰りは千鳥足でスクラムよろしく、幸せそうに駅に向かわれました。楽しんで頂いて私も嬉しいです。>
10-12sake.jpg


TOP次のページ>>

template designed by honome

しまブログカウンター

カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

tokiko

Author:tokiko
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR