家庭料理と地酒しま

お知らせやお店の日常、愛猫、趣味のことなどを綴っています

初夏の花

05月31日(土)23時49分
 一気に真夏のように暑くなった。植物は、実に忠実に反応して初夏のお花たちが開花し始めた。毎日、お花に会うのが楽しみでワクワクしている。今日は男性のご年配のお客様が、「ホタルブクロ咲いてるね、これは紫つゆ草やね」といいながら、丁寧に愛でて下さった。お花も声掛けしてもらうと嬉しいらしい。「きれいに咲いてくれてありがとう!」
<ホタルブクロ・・・・秋まで次々に咲いてくれる>
 hotarubukuro.jpg
<カワラ撫子・・・・今年はたくさんのお花を見れそう>
kawaranadesiko.jpg
<白蝶草・・・・花のかたちが蝶のように見えることが名前の由来>
白鳥草
<紫つゆ草・・・・午後になるとしぼんでしまうことが多いので、きれいに咲いているのに出会うと嬉しい>
紫つゆ草
<マルバストラム・・・・可愛らしい1日花>
marubasutorumu.jpg


貸し切りのお知らせです

05月28日(水)15時06分
     5月30日(金)は貸切になりましたのでお知らせいたします。
    他の日をご利用いただけますよう、宜しくお願い申し上げます。
                   家庭料理と地酒 しま  店主


 2,3日前、またお店の門扉にカエル君がお出ましになりました。
昨年、ご来店頂いたカエルくん(7月18日ブログ)なのでしょうか?
昨年、初めてあった時には、ちょっと気味が悪かったのですが、今年は思わず”あら~!”と声を上げていました。なんだか、「ようこそ~~♪」って感じです。カメラでパチパチしても円らな瞳で見つめられているような気がするから不思議です。もしかしたら、本当に昨年この門扉に来てくれたカエル君なのかしら???・・・・蛙って何年くらいいきるのでしょうか?知っている方がいたら教えてください。

5-48kaeru.jpg


「晴れの日」~~やっと肩の荷を下ろしました♪

05月25日(日)23時43分
 私事ですが、5月22日に息子がやっと結婚しました。素直にとっても嬉しいです。
橿原神宮・神楽殿での神前結婚式は、大変厳かで、巫女さんによる神楽舞が雅やかで良かったです。

<内拝殿の前で・・・・広大な敷地の中にある橿原神宮は平日のためか観光客も少なくて、厳かな佇まいが心地よかったです。真っ白な玉砂利と荘厳で重厚な内拝殿、その向こうに新緑の森と、素晴らしい背景の前での二人。新婦の打掛は、50数年前に新婦のおばあ様がお召になったものをサイズ直しをして着用。そして、おばあ様も同じ橿原神宮で挙式したそうです。心温まるよきお話です。
5-22 橿原神宮


親族と友人だけのささやかな披露宴は、近くの橿原ロイヤルホテルで。猫好きの新郎新婦が、心をこめたアットホームなパーティでした。

<受付では・・・・二人が飼っている5匹の猫ちゃんたちもお出迎え>
5-22受付
<テーブルは・・・・鈴を付けた白猫ちゃんがご案内、二人で手作りしたそうです>
5-22名前
<メニュー・・・・新郎の手作り、ここにも猫ちゃん(いろんな猫がいました)。お料理は和風のテイストが入ったフランス料理で、とても美味しかったです。>
5-22menyu-.jpg
<ウエディングケーキ・・・・チョコレートの猫ちゃんがいっぱい、肉球の足跡まで。パテシェもやってくれるものです!ケーキカットの後に頂きましたが、中にはフルーツがたくさん入っていてとっても美味しかったです>
5-22ke-ki
<披露宴で・・・・二人ともお召かえ。新婦の希望で振袖も小物を含めて、すべておばあ様の婚礼衣装とか。半世紀以上も前のお着物はしっとりと、雅やかで美しいと思いました。おばあ様は二十歳で嫁いだそうで、「両親が喜んでいると思います」と、とっても嬉しそうでした。衣装のコーディネートはすべて新婦のおばあ様だったとか。>
5-22振袖
5-22aki.jpg

<私へ贈り物・・・・愛猫の「吟」によく似た縫いぐるみとブーケにメッセージが添えられていました。人並みに涙が溢れました。「どうか、末永く幸せにね! ありがとう」
5022ブーケ


臨時休業のお知らせ

05月20日(火)17時30分
    誠に勝ってながら、5月22日(木曜日)は臨時休業にさせて頂きます。
    23,24日は平常通り営業いたしますので、宜しくお願い致します。

                 家庭料理と地酒 しま 店主



 種から育てたカモミールの花がい~っぱい咲きました。風が立つとリンゴのような甘い香りが漂います。花言葉はいろいろあるようですが、「あなたを癒します」が好きです。ハーブティ用にお花を摘み取りました。良い香りに包まれながらの作業は、楽しくて幸せなひと時で、癒されました。
カモミール

 白い花びらが下に下がった花を摘み取って、洗って乾燥させます。黄色いところが香りの成分のようです。何度かに分けて収穫しますが、まだまだ長~く楽しめそうです。(初めての収穫)
5-20kamomi-ru.jpg


行雲茶会~~楽しかったです♪

05月18日(日)23時19分
 昨日、先日ご案内した「行雲茶会」に参加させていただきました。仕事の都合で、3時からの初心者席で美味しいお菓子とお薄を頂きました。しまのお客様のSさんも参加して下さっていたのですが、初めての茶席に興味津々で質問などもされていました。お軸やお菓子の銘のお話なども楽しく拝聴しました。Sさんの奥様が急に参加できなくなったので、たまたましまにいらした若い男性Oさんに声掛けしたら、参加したいとのことで、彼は予期せぬ、貴重な初体験を楽しんでお帰りになりました。Sさんは「いろんな話も聞けて、美味しいお茶とお菓子を頂いて、いいね」とのご感想。

<在釜(ざいふ)・・・・今回も、会場のアートサロン空の門扉に掛かっていました「茶会を開催しているのでどなたでもお入りください」とのことです。
5-17zaihu.jpg

<風炉・お棚のお点前・・・・今回は、爽やかな風のイメージ(間違っていたらお許しください)とかで、お軸は「竹風(竹の林の中を流れる風)」、茶杓の銘は「風」とのことでした。SさんとOさんは胡坐を勧められてリラックス。
5-17tyakai.jpg

<お菓子・・・・奈良の菊屋製「唐衣」、在原業平・伊勢物語由来で命名されたとのことで、 「唐衣 着つつなれにし 妻しあれば はるばる来ぬる 旅をしぞ思ふ」の歌つきの解説がありました。(何故か画像がこんな風にしかUPできなくて申し訳ありません)
5-17kasi.jpg

<お土産のお菓子・・・・「500円のお茶席券で、お土産まで頂いて恐縮で~す、こちらも美味しゅうございました」
5-17omiyage.jpg




亀の井酒造飲み比べはいかがですか

05月15日(木)23時50分
 山形県の亀の井酒造は、しまでは人気の酒蔵ですが、限定酒2種入荷しました。
山形生まれの酒造好適米「亀の尾」を45%まで磨き上げて醸された純米大吟醸『亀仙人』・日本酒度+1と、同じ亀の尾を55%磨いて醸した吟醸『超辛口ばくれん・黒ラベル』・日本酒度+20、是非飲み比べを楽しんで頂きたく思います。
 ちなみに、いつも定番で置いてある、『ばくれん・赤ラベル』は美山錦55%です。お米の違いも楽しんで頂ければ幸いです。ご希望の方には、ミニグラスで3種のセットOKです。

亀の井


貸切のお知らせです

05月14日(水)16時55分
 急なことで申し訳ありませんが、明日5月15日(木曜日)は貸切りになりましたのでお知らせいたします。
 宜しくお願い申し上げます。

      家庭料理と地酒 しま 店主


行雲茶会のご案内

05月11日(日)22時30分
 3月22日のブログ「K先生のお茶会」でご紹介しましたが、学園前パラディ(5F)「かわたペインクリニック」の河田圭司先生が開催されますお茶会のご案内をさせていただきます。河田先生はしまのご常連のお客様で、花友達でもあります。私がお花を育てていることから、季節のお花をクリニックへ届けたり、お茶席の茶花にも使っていただいたりしております。そのようなご縁で、お隣のアートサロン空で、河田先生が開催されるお茶会にお招きいただいたりしております。先生は、患者様ともお茶会を通して院外でも交流できればとの思いもおありとかで、『喫茶店に立ち寄る感覚でどうぞ』とのことで、どなたでもお気軽にご参加くださいとのことです。先生のお点前は、流れるように美しいです。しまのお客様も是非、美味しいお菓子とお茶を頂きながら、お茶席を体験されたらいかがでしょうか。

       ・・・・・・以下、先生からのご案内です・・・・・・
           <行雲茶会のご案内>
  日時   平成26年5月17日(土)
         一席目   15:00 初めてのお茶席体験の方
                  (お茶の飲み方から解説して下さるようです)
         二席目   16:00 お茶会の雰囲気をご存知の方
                  (道具の拝見、解説もあるようです)
  お茶席券 500円
  場所   アートサロン空 茶室 (家庭料理と地酒 しまの南隣)
  席主   河田圭司

追記・・・お茶席券はしまでもお預かりしております。お菓子などの準備のご都合もおありかと思いますので、お買い求めの上お出かけくださいませ。普段着で手ぶらでご参加くださいとのことです。

<写真は3月の茶会の河田先生・・・・・炉のお点前ですが、5月からは風炉でしょうね>
kawata.jpg


希少な山野草 3種

05月07日(水)23時57分
 先日の箱根旅行からの帰り道、寄った道の駅で欲しかった山野草が売られていて、嬉々として買ってきた。山野草は巷のホームセンターなどではめったお目にかかれないものもあって、絶滅危惧種になっているものもある。育てるのも難しいので、翌年も咲いてくれると本当にうれしい。

<雪餅草・・・・雪のように白いところに、丸く膨らんでいるのが名前の由来。マムシ草の仲間なので、嫌う人もいるようだが、真っ白なこの姿はやはり希少価値。絶滅危惧種になっているようだ。>
5-7雪もちそう

<クロユリ・・・・渋くて、下向きに咲く様が好き。何度も買っているが中々育ってくれない。来年もどうか咲いてくれますように!>
5-7kuroyuri.jpg

<タンチョウソウ(別名・岩八手)・・・・名前は知っていたが、手にしたのは初めて。名前の由来は、花を丹頂鶴の頭、茎を首、八手のように広がった葉を羽に見立てたらしいが、別名の「岩八手 」の方がしっくりするような気がする。盆栽仕立てになったものを買ってきたが、なるほど、少し離れて全体を観ると丹頂鶴のような優雅さもあるような気がする。>
5-7タンチョウソウ


連休最終日

05月06日(火)23時43分
 今日は3時から、毎月恒例の「喫茶去の会」だが、その前に学園南の大和文華館に行って来た。昨日、電車の中のつり広告で、6日が無料ご招待の日だということを知って、折角だから行ってみることにした。「桃山・江戸の絵画名品展」が開催されていて、国宝・婦女遊楽図(松浦屏風)を始め、尾形光琳、尾形乾山、俵屋宗達などの名品がずらり。程よい展示数なので、疲れることなくゆっくり鑑賞することが出来た。
 お茶のお稽古が終わり、いつものようにみんなで食事会。今日は手巻き寿司を用意した。各々が好きなように巻いて食べるのは、中々楽しい。9時過ぎにお開きになった。その後は、仲間が大量に持って来てくれた、すっぱいミカンでマーマレードやピールを作った。
 何故だか、ゆっくり新聞を読む時間が無くて自宅のテーブルに積んでいるが、時間の使い方や、優先順位が付けられないことがネックのような気がする。終わってしまえば、やたら動き回ったことが、随分前の過去のことのように思える。

<大和文華館入り口・・・・「ご招待」のポスターに、知らないできたらしいお客様が「え~そうなんですか?」嬉しいリアクション。私も招待日があるのは知ってはいたが、その日に来たのは初めてだった。聞けば、一つの催しに1日を設けているとのこと。>
5-6syoutai.jpg
<玄関までのアプローチ・・・・4年ほど前まではこのスロープは砂利だった。風情があって好きだったので、コンクリートになって、私は残念に思っている。6月になると、両サイドの林の中にササユリが咲いて、訪れる人々を魅了する。>
5-6Yamato
 


TOP次のページ>>

template designed by honome

しまブログカウンター

カレンダー

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

tokiko

Author:tokiko
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR