家庭料理と地酒しま

お知らせやお店の日常、愛猫、趣味のことなどを綴っています

桜咲く!

03月31日(月)21時53分
 今日も、しままでのハイキングを楽しんだ。おにぎり1個に小さいペットボトルのお茶をリックに入れて昼過ぎに自宅を出た。桜が一気に開花したので、先週と同じく御嶽山に向かうことにしたが、ルートは多少変更して歩いた。住宅の庭のそこかしこに春のお花が咲き誇っていて、彩り見取りでまさに百花繚乱。それらに忙しく視線を移しながら歩いていると、ほどなく御嶽山が見えてきた。遠目にも桜が咲いているのが分かった。近づくと花見の人がたくさんいて、1週間で様変わりしている。”桜がさいた~!”心がうきたつ。お花に近づいて香りをかいだりしながら、今年も健康で桜を愛でられる小さな幸せにほくそ笑んだ。桜の下に腰を下ろして、おにぎりで遅い昼食を取った。
 さて、しまへ到着したら門扉の鍵を持っていないことに気づいた。こんな時に限って、大家さんの空も臨時休業している。今日の後半はしまの庭の草取りをして、倉庫などの片づけもする予定だった。庭へも入れないのは引き返すしかないのだ。バスで引き返すことも思ったが、折角だからまた自宅まで歩いた。今日のハイキングは15キロくらいにはなっているはず。
 今年になって欲望のままに飲食していたら、体重が最高に増えていて、実は4キロのダイエットをめざしているのだ(有言実行で頑張る!)。

<今日の御嶽山・・・・先週紹介した桜の蕾は、写真左の池の上の桜だった。蕾の一部にほんの少しピンク色が覗いていただけだったのに、桜は逞しくて美しい!>
3-31ontake.jpg

<境内の桜・・・・もう5部咲かな?>
3-31sakura.jpg

<松伯美術館・・・・帰り道、大渕橋からの松伯美術館の佇まい、雪柳が美しい。特別展 「上村松園展」が開催されているが、今日は休館日>
syouhaku.jpg


貸切のおしらせです

03月26日(水)23時31分
 3月29日(土)は貸切になりますので、一般のお客様は他の曜日をご利用いただけますよう、宜しくお願い申し上げます。
     しま店主


オンリーワン

03月25日(火)21時00分
 趣味で、古い着物などを洋服などにリフォームしたりしている。着物を解いて洗濯しアイロンで仕上げる工程は、結構大変な作業ではあるが、反物状態に戻ると、ちょっとした達成感も味わえる。今日は男物の麻の着物で、日傘作りに参加して、日傘を1本作ってきた。(実際には、先週と今日の2日間の講習会)初めての傘作りなので、拙い出来ではあるが、オンリーワンの日傘に満足・満足!

<麻なので、生地もしっかりしていて涼しげ、講師の先生にUVカットのスプレーを勧められたので、そうするつもり。>
parasoru.jpg


春うらら~~~♪

03月24日(月)21時30分
 いつになく早起きをした。鶯のいろんな鳴き声が耳に心地よい。今日は天気予報で暖かい日になるでしょうときた。ガーデニング日和だ~、そうだ、こんなにいいお天気に歩かないなんてもったいない、しままで歩こうと決めてリックを背負って家を出た。歩きながら、普段通らない道を行ってみることにした。西登美ヶ丘の住宅地に入り大渕池の方を目指していると、御嶽山の近くにでたので、折角だからと御嶽山まで足を延ばした。大渕公演の中を通り、南登美が丘・学園新田町を抜けてしまに向かった。大通りを普通に歩けば45分くらいだが、の~んびり2時間近くかけてハイキングを楽しんだ。住宅街を歩いていると、色とりどりのお花が咲き乱れ、いい香りが漂っていて、春爛漫だと気付かされた。
 午後から夕方まで、散らかり放題の庭を片づけて、植え替えや草取りなどに勤しんだ。

<御嶽山・・・・サクラが美しい神社、夜桜もなかなかのものだ>
3-24ontake.jpg

<桜の蕾・・・・よく見ると、うっすらピンク色が覗いている。今年の開花はどうなのだろうか?>
3-24sakura.jpg

<大渕池公園・・・・緑豊かで美しく管理されているが閑散としていた。噴水もお休み、ベンチにお一人だけお座りになっていた。>
3-24kouen.jpg

<マンションの隣にある七福神社・・・・いつも車で通りながらちらっと気づいていたが、こんなところに可愛らしい神社があったとは、ちょと驚き。お賽銭を入れて「商売繁盛」をお願いしてた>
七福神社


しま喫茶去の会

03月24日(月)20時40分
 昨日は、しまのお茶を楽しむ集い「喫茶去の会」だった。前日の空でのお茶会は、和やかな中にもちょっと緊張感も味わえた茶会だったが、しまのお茶会は毎回、大きな笑い声の中で緊張感など皆無の賑やかな会だ。月1回とは言え、10数年は続けているのに、未だに「薄茶運び手前」ばかりをやっている。自宅でお稽古しているときには、置き炉でお棚を使ったりもしていたが、メンバーは平均年齢60歳をはるかに超えているので、正座が辛かったり、立ち上がりが困難などの理由で、しまで立礼もどきを始めたら、畳のお点前など出来なくなった。それどころか、扇子を使ってのご挨拶や、お花を愛でることもすっかり忘れてしまって、ただお薄と季節のお菓子を頂く楽しい会へと変貌してしまった。昨日、K先生のお茶会に刺激を受けて「おしゃべりやめて真面目にお稽古しようよ」と提案したが、「息が詰まるぅ~」と軽く往なされてしまった。まぁ、みんな仲良くお茶の時間を楽しめていることを良しとしましょう!

<3月のお菓子・・・・お雛様はとっくに過ぎてしまったが、毎年手作りにしているお菓子。市田の干し柿に栗きんとんを詰めて雄雛・雌雛に見たてている(中身の緑は、抹茶で色づけ)。器はミニ重箱を使ってみた。>
3-23お茶


K先生のお茶会

03月22日(土)23時45分
 学園前でクリニックを開業されているK先生は、茶の湯をご趣味にされています。本日、隣のアートサロン空で、掛釜をされるとのご案内を頂いたので出席させて頂きました。先生の流れるようなお点前と美味しいお菓子を頂戴して、拘りのお道具のお話も楽しく拝聴いたしました。空の門の所には「在釜(ざいふ)」と墨で書かれた色紙が掛かっておりましたが、これは「茶会を開催しているのでどなたでもお入りください」ということだそうです。お客様は、小学生くらいの男のお子様や若い男性の方もいらしてご盛況でした。スタップの皆様が裏方をされていて、とってもアットホームな心和むひと時を過ごさせて頂きました。ちなみに「在釜」の文字は師範の免許のあるスタップの方が書かれたそうです。ステキなお茶席でした。(お断りして写真を撮らせて頂きました)

<お点前されているK先生・・・・「茶碗飾り」というお点前でした。お茶のお稽古はかならずお着物とのことで、着付けもご自身でされているそうです。>
kawata.jpg
<お軸とお花・・・・お軸「無事之吉祥」何もないことは良いことですと言う意味で、東大寺の長老の明信と言う方の書だそうです。お花はしまの庭のプラムとクリスマスローズを使って頂きました。>
3-22jyuku.jpg
<お干菓子・・・・春らしく、蕨・蝶々・サクラ。他にも主菓子なども頂きました>
3-22higasi.jpg
<お土産までも用意されていました・・・・今日の茶杓の銘が「夢」だそうですので、このお菓子を選ばれたのでしょうか?>
omiyage.jpg


春分の日

03月21日(金)19時22分
 今日は春分の日で祝日。昨夜閉店して初めて気が付いた。祝日はしまは定休日なので、久々に庭仕事をしたが、風は冷たく夕方にはみぞれが降ってきたので、中途半端に終わってしまった。日中は暖かい日が続いていたので、草木も勢いづいていたのに、ちょっとびっくりしたかも。でも、日は長くなった。春分の日は昼と夜の長さがほぼ同じになるとも言うが、実際には昼の方が少し長いらしい。

<満開のサンシュウ>
3-21sansyuu.jpg
<今年の藪椿は花数がとっても多い>
3-21藪椿
<利休好みの胡蝶ワビスケも次々に開花>
3-21胡蝶侘助
<薔薇のような八重の椿・・・・名は何というのだろうか?>
3-21八重椿


お伊勢参り

03月19日(水)00時10分
 16日、「お伊勢さん、両宮参りハイキング」のツワーに参加してきた。20年に1度の式年遷宮を終えた伊勢神宮の新宮と旧宮の両方が見れるのは3月だけだと知って、一人で参加した。西大寺駅南口から9時10分に観光バスに乗って、11時30分ごろに到着。バスの中で、ハイキングの地図をもらい、外宮から内宮までの簡単なハイキングの方法と注意事項を聞いた。約8キロの行程を外宮の門の前から出発し、帰りはおかげ横丁近くの総合競技場の駐車場に16時20分に集合することになった。伊勢神宮がものすごい広さであること、125の大小さまざまな神社をまとめて「伊勢神宮」と呼ぶことも、恥ずかしながら初めて知った。ゴールまで、一人きりのハイキングであることも、バスの中で知るという呑気なことであった。外宮の門を入って直ぐの所に「せんぐう館」と言う新しくできた記念館に入ってみたら、予想外に大変興味深いところだったが、時間が気になったので外宮正殿に向かった。正殿の新旧を見学し、20年に1度の遷宮の意味がやっと少し理解できた。歴史ある伊勢街道を地図を片手に歩いたが、中々面白くて時間があっという間に過ぎて、気が付けば内宮に行く時間は無くなっていた。断念して、佐瑠女神社を見に行ったら、なんとそこは昨年南座で見た坂東玉三郎主演の「アマテラス」の中で、天の岩屋戸の前で渾身の踊りを演じるアメノウズメを祀る神社であることが分かった。思わぬ場面に遭遇したように、一人感激した。少しでも予備知識をもって参加するべきであったと思った。集合時間もせまり、指定された場所に急いだ。左手に赤福本店を見つけたが寄る時間もなかった。思えば昼ごはんの時間も惜しんで歩き続けて、空腹も限界に近かった。ハイキングをクリアしたら伊勢うどんをご馳走してもらえることになっていた。バスにのるまで10分足らずで、頂いたうどんが何と有りがたく美味しかったことか!「ごちそうさまでした」素晴らしいお伊勢参りだった。

<せんぐう館・・・・入場料300円は安い、建物も内容も素晴らしい>
sennguu.jpg
<外宮の新宮・・・・門の中へは入れないので少しだけ垣間見ただけだが、素晴らしい茅葺>
新宮
<外宮の旧宮・・・・葺き替えをしないので、20年もすると萱が傷んでこんな状態になるとのこと>
旧宮
<旧参宮街道の中ほどにある麻吉旅館・・・・江戸時代、日本三大遊郭だったところで、麻吉は今も営業していると、ボランティアガイドさんのお話。泊まってみたいな~>
あさきち
<ふっと、立ち寄ったさるめ神社・・・・説明を読んで、思わぬ出会いに感動再び!」
さるめ神社


15日の遠来のお客様

03月18日(火)23時28分
 昨年、参議院議員選挙で(全国比例)初当選された石田昌宏さんが、プライベートに立ち寄って下さいました。石田さんは大和郡山出身、東京大学医学部保健学科卒の保健師・看護師で、聖路加国際病院などの現場も経験された方。「看護の力で日本を元気にする」を公約にされている。しまには、ご縁があって富雄時代からのお客様でしたので、選挙の時には、常連のお客様とご一緒に応援させていただきました。当選以来初めてのご来店で、居合わせた常連のお客様にもお礼のごあいさつをされていました。忙しいスケジュールの合間にお寄りいただいたようです。「ありがとうございました」


<私の元の職業が看護師なので、職業つながりのご縁(まわりまわって)ですが、ご本人は「しまで日本酒の美味しさを知った」と、おっしゃっておいでです・・・・うれしいです>
3-15石田

<3年前の5月20日・・・・たまたま私の誕生日にいらして頂いて、友人がプレゼントしてくれたケーキにろうそくをともしたとき、石田さん「え~なんで僕の誕生日をしっているんですか?」で、誕生日が同じ日だと知って、お互いに感激しました。ちなみに左手前は我が愚息ですが、彼も同じ誕生日なので、6人のうち3人が誕生日という奇遇な日でした>

11-5gatu.jpg


待ちましょう!

03月08日(土)23時41分
 寒の戻りで、時折小雪がチラついたり、朝夕はぐ~っと冷え込む。またダウンにマフラーの出で立ちになって車に乗ったら、暑くて信号待ちでマフラーやコートを脱いだ(ヤレヤレ)。
 ホームセンターから土が届いたので、昼食もせずに買っていた薔薇などを植えた。ついでに、種を蒔いていたカモミールの苗を庭に植え替えたり、草取りをして耕したりと、休みでもないのにズルズルと庭仕事。土を触っていると暖かさを感じる。落葉樹はよく見ると、小さな木の芽が見えている。時間を気にしていたら、タイミングよく雨が降ってきたので、切を付けた。寒さは、行きつ戻りつしているが、東大寺のお水取りも週明けにクライマックスを迎える。お水取りが済んだら、いっきに春が来てくれることを願う。いつの間にか、日も長くなってきた。
  ”は~るよ来い、早~く来い”

 <仲間入りしたお花たち・・・・薔薇4種、姫小菊2種、ベゴニア、プリムラシネンシス、風鈴オダマキ、貝母ユリ、ダイコン草、他>
3-8yoseue.jpg

 <カモミールの苗・・・・カモミールは大好きなハーブだが、何故か中々育たない。昨年初めて種まきをしてみたら、見事に芽を出して、元気そうな苗がたくさんできた。ちなみに隣に蒔いたラベンダーは未だ発芽せず>
kamomi-ru.jpg

 <地植えしたカモミール・・・・元気に育って可愛い花をたくさん付けてね!>
kamomi-ru2.jpg

 <ついでにお吟様・・・・まだまだヒーターの前を離れられず、時子ママに「吟がそこにいると寒いのよ~」って叱られている「早く暖かくなってほしいニャ~」>
3-8gin.jpg


TOP次のページ>>

template designed by honome

しまブログカウンター

カレンダー

02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

tokiko

Author:tokiko
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR