家庭料理と地酒しま

お知らせやお店の日常、愛猫、趣味のことなどを綴っています

しま「クリスマスコンサート」

12月29日(土)23時45分
 しま恒例のクリスマスコンサートは、23日にメゾソプラノの天野加代子さんをお迎えして「ロシアン・クリスマス ワインと共に」を開催しました。チラシが出来る前に予約で定数オーバーしたので、どうやって席をやりくりしようかと頭を悩ませましたが、結局キャンセルや当日いらっしゃらないお客様もあり、程よいお客様で楽しんで頂くことができました。ご参加いただきましたお客様、天野加代子さん、ピアニストの吉田和子さん、パーカッションの瀬野美和子さんに心より感謝申し上げます。また、カメラマンに徹して頂いたYさん、きれいなお写真をたくさんありがとうございました。早くブログにUPしたいと思いながらも、師走はいつもに増して時間に追われまして、写真の整理が出来ないまま1週間も過ぎてしまいました。昨日で、今年のしまの営業も終わらせて頂き、やっとYさんに頂いたDVDをゆっくり拝見いたしました。加代子さんの表情を素敵なアングルで捉えていて、見ているとコンサートの様子が甦ってきます。それと、お客様がそれぞれに楽しまれているお顔を拝見するのは、何よりも嬉しいものです。皆様、本当にありがとうございました。来年もお客様に楽しんで頂けるようなイベントを企画できるように頑張りますので宜しくお願い申し上げます。(ほんの一部だけ写真をUPさせて頂きます)

  <トリオ、バッチリですね・・・パーカッションの瀬野さんは加代子さんのお姉さま>
torio-2_20121230002033.jpg

  <ハンドベルなどの打楽器いろいろ持って来ていただきました・・・和子さんの笑顔もステキ>
kazuko.jpg
  <さ~ご一緒に歌いましょう!・・・加代子さんは歌詞カードもご用意して下さった>
utau.jpg
  <ステキです・・・たぶんアンコールの「黒い瞳」の時でしょうか?最高!>
kayoko-1.jpg
  <うあ~楽しそう・・・サンタのNさんと友人たち(sちゃん、H美さん、K子ちゃん)>
 笑顔
 <こちらの6名様はしまのコンサートには初めてのご参加・・・Fさんご一家とIさん、Mさん>
<左側
  <手前のしまご常連のKさん、78歳とは思えません・・・誰かが「今日のベストドレッサー」と言っておりました。ピースサインは友人のAちゃん、還暦過ぎとは”信じられな~い(バラしてごめんなさ~い!)>
aya-pi-su.jpg
  <お客様の中に入った加代子さん・・・手をかけられているのは初参加のNさん、横の方が奥様>
加代子さんと野島さん
  <テラス席の皆様、見えにくくてごめんなさい・・・N子さん素敵な装いです。K子さんお着物お似合いですね。ブラボーさん、顔隠さないで!横顔の方は、加代子さんのご主人様>
terasu.jpg
  <コンサートが終わって全員で”ハイ、チーズ!・・・カメラマンのYさん、ごめんなさ~い!>
全員

  <飲み干されたドンペリとワイン(白のバックインBOXもあったはず)、他にメニュー以外の日本酒2本がいつの間にか空に。生ビールもメニューにないはずが、ずら~とテーブルの上に並んでいました・・・しまは寛大で~す>
wain.jpg
  <本日のメイン「糸島産(福岡)和牛ローストビーフ」・・・福岡から手伝いに駆けつけてくれた友人のあっこさんとスタッフの越智君、小林君>
mein.jpg
  <初参加のⅠさんとMさんが用意して下さった花束をすっかり忘れていて、コンサート終了後に花束贈呈となってしまいまして申し訳ありません。パーカッションの瀬野さん、花束無くてごめんなさい!小林君と越智君はお客様にモテモテでした!・・・皆様ありがとうございました>
hanataba.jpg


年末年始休業のお知らせ

12月27日(木)23時34分
 今年の営業は28日で終了させて頂きます。

新年は8日(火曜日)より平常通り営業いたします。
                                        店主


22日のしまの風景~~リポーター吟

12月25日(火)22時20分
 土曜日のしまは、日付けが変わるころまで賑わっていたようです。奥のおふたりはオープンと同時にご来店、5時間以上も淡々飲み続けていらっしゃったようです(つよいで~す)。手前の3人様はジョークの飛ばしあいで少年のように楽しそうでした。そこへ久しぶりにお見えになった大阪フィルの浅川さん。愛猫のレイチェルちゃんのお話になって、取り出したのは猫ちゃんがいっぱいのバンダナ。それを頭に巻いて、オーボエの演奏が始まったので、お客様は大喜び!最後は「頭が〇〇同士」な~んて、3人並んでとっても楽しそうでした。”かわいいですぅ~”・・・・吟でした。
 
12-22-asakawa.jpg
 <右お二人は同い年、左の少年(ギャハ~)は「僕の方が年下」とアピール>
12-22-o-boe.jpg
 <ヤレヤレ・・・昨夜はリポートで睡眠不足、昼寝しよっと>
gin-日向ぼっこ


障子張替

12月18日(火)22時56分
 パートナーの吟(雌猫11歳)にボロボロにされた障子を張り替えることにした。吟の障子の破り方は、まず鼻を濡らして鼻で障子に穴をあけて、その穴に手を入れて破っている。爪で引っかいたりはしないようだ。破れた障子から手を伸ばしてアルミサッシの引き戸を開けてベランダへ出ている。とても器用にやっている。一か所だけにしてくれたらいいのに、下の段は全部破られてしまっていた。数日前に紙をはがして洗って置いたので、今日は午前中に大小4枚の障子を2時間位で一気に張り終えた。真っ白の障子は清々しくて気持ちいいものだ。吟に破られないように強度4倍の紙を使用したが、いつまでもつのだろうか?

障子

 <張り終えた所に吟登場・・・・お願いだから、破らないでね!>
張替


クリスマスリース

12月17日(月)19時50分
 今日、やっとクリスマスりースを作った。巷にはお正月のお飾りがあふれて、クリスマスなどもう過ぎてしまったかしら、と錯覚しそうだ。庭のレモングラスと先月頂いた薔薇とカスミソウをドライフラワーにしたものを使ったが、まだ乾燥が足りない。「まぁーいいか!」23日のクリスマスコンサートまでもってくれればいいとしよう。地味だが、白いリボンに金色のお星さまがついている。赤いリボンも試してみたが、しまには渋い方が合うとおもったので、白を選んだ。
 選挙もすんで、自民党が圧勝した。新しい年と共に景気が良くなるといいなぁ~。
  
ri-su.jpg
 <昨日、選挙に行く前のベランダからの夕焼け、雲がとてもきれいだった。毎日見ても飽きない空>
16-yuuhi.jpg
 <投票を終えて空を見上げたら、美しい三日月が!>
16-tuki.jpg


西の京病院「世界の化石展」のご案内

12月14日(金)11時32分
恒例となっています「 西の京病院の~第4回世界の化石展」が12月12日から18日(火)まで開催されています。今回はまだ行けていませんが、毎回見ごたえあります。是非お運びくださいませ。詳細は画像をクリックしてください。

kasekiten.jpg


突然の旅立ち

12月11日(火)23時26分
 昨日、名古屋在住の親友のご主人が急逝されたのでお通夜に行った。
友人から「〇〇が何も言わず逝ってしまった」と短いメールを受けて、とにかくとかけつけた。
二人が結婚した時からず~と家族のようにお世話になっている。私の人生で、迷ったり困難が生じたときには、いつも相談に乗って力になってくれていた。二人のお嬢さんを可笑しい位溺愛して、お茶目で、よく遊び、家族をしっかり守っている頼もしいお父さんだった。自宅を車で出て2分位で、急性心筋梗塞であっけなく旅立ったとのことだった。普通に眠っているような安らかなお顔だった。東京いる長女さんに5年間もモーニングコールを欠かさなかったらしい。長女さんは、愛おしそうに冷たくなった手や顔をさすっていた。急なことでぼんやりしている友人に代わって次女さんが、しっかりしていた。その女性3人を次女さんのお婿さんが目を真っ赤にしながら、守っているようだった。斎場に行くまで、粛々とそれでいて和やかに、お父さんの思い出話に笑ったりと、悲しみの現実が行ったり来たりして時が過ぎて行った。友人は和服の喪服を出す気力もなくしているので、次女さんが喪服を取り出してきて、私が着付けを手伝った。斎場の控室で、友人の泣きはらした顔と乱れた髪を次女さんが、薄化粧をして髪を結って整えてあげていた。そんな母娘を「美しい!」と思った。一方で、お父さんの棺に入れる写真を子供たちがあれこれと選んでいた。どれも笑顔がいっぱいの家族との写真。お父さんがどんなに家族を愛して愛されていたかが一目で分かる。明日、お葬式のあとに本当のお別れの時が来たら・・・・と思うと、辛くなる。お通夜が始まり、弔問客との挨拶の時は、さすがに友人はしゃんとして、美しいお辞儀をしていた。遠巻きに見守りながら、喪服を着てくれて良かったと思った。私はもしかしたら泊まりになるかもしれないと、用意はして行ったが、頼もしい子供たちを見て安心した。葬儀に出れないことを詫びて、斎場を後にして帰路に着いた。
 師走を迎え、年賀欠礼のハガキが届き始めた。親から、連れ合いや兄妹を亡くしたお知らせになってきている。ともすれば、明日にでも自分に起こるかもしれないのだ。もしかの時に子供や周りに少しでも迷惑をかけないように、自宅だけでも不要なものを整理して、エンディングノートを作っておく必要があると思った。それより、お葬式って本当に大変そう!
  <母親に紅を指している次女さん・・・・女の子はいいなぁ~羨ましい!>
eiko.jpg
  <長女さんと次女さんのご夫婦で写真選び・・・・ボードにレイアウトしてお通夜の会場入り口に掲げられていたが、弔問のお客様が立ち止まってご覧になっていらした>
syasin.jpg


久しぶりに朝日を拝む

12月10日(月)09時22分
 この2週間ほど朝方に就寝することが普通になっていて、昼ごろに目覚めるようなだらしないパターンになっていた。少しリズムを戻さねばと、昨夜は日付けが変わらないうちに就寝したら、今朝は日の出の前に目が覚めた。久しぶりに朝日を拝むことが出来て、凛とした朝の冷え込みも良いものだと思った。スタートが早いと、気分もいいものである。しまに早朝に行ってみたら、睡蓮鉢にしっかり氷が張っていた。たぶん今朝の気温は氷点下でしょう!
  <自宅のベランダからの朝日、残念ながら厚い雲が上に・・・・>
asahi.jpg


中村勘三郎さんのご冥福をお祈りして・・・合掌

12月09日(日)19時19分
 歌舞伎俳優の中村勘三郎さんが56歳と言う若さで亡くなられた。俳優魂もさることながら、人間的にも大変魅力的な方だったようだ。追悼番組は涙なしでは見られない。色気のある素晴らしい役者さんだと思うし、月並みだが、とてもとても残念でならない。昨年の9月、突発性難聴で療養後の復帰公演「九月松竹大歌舞伎」を大阪・新歌舞伎座で観た。療養後とあって、鳶頭に扮した踊りを見せただけだったが、いなせで軽快な素敵な踊りだった。今となってはあの舞台が最後となったが、観れて良かったと思う。
 勘三郎さんの追悼番組をDVDに残したいがために、今朝から4年越しの課題をクリアした。実は4年ほど前にビデオを買い替えたが、新しい機種(今ではもう古い)に馴染めず、説明書も読まない代わりに、録画もできないままで今まで過ごしてきた。どうしても録画したい番組は友人に頼んだりと、おバカなことをしていたのだった(恥ずかしくて、迷惑な話)。今日も、午後から夜にかけて追悼番組が組まれているが、用事で出かけなければならず、一念発起することにした。説明書に従い、最初から順にやったら簡単だった(あまりに当たり前)が、苦手と思ってしまうと、出来ることも出来なくなってしまうものである。一つ克服したので、あとに続いもっと大きな課題をやり遂げる自信が出来てきた。正月休みに頑張ろう!


メタセコイアの紅葉

12月07日(金)23時40分
 このブログを時々見てくれている福岡の友人が、10月にUPしたメタセコイアの紅葉が見たいと言っていた。
実は私も見たことがなかったので、今日けいはんなの光台へ車を走らせた。精華通りのメタセコイアの並木道は見事に紅葉していた。かなり落葉はしているが、まだまだ美しい。並木の下の草紅葉もきれいだった。

metasekoiya-kouyou.jpg


TOP次のページ>>

template designed by honome

しまブログカウンター

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

tokiko

Author:tokiko
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR