家庭料理と地酒しま

お知らせやお店の日常、愛猫、趣味のことなどを綴っています

満月の夜に

08月31日(金)23時30分
 お月様が美しい!今日は満月。夜になるとさすがに涼しくなった。
 昨日、お店の近くに借りている駐車場に誰かが無断で車を止めていた。管理している不動産屋に電話して来てもらったが、すげない対応だった。やむなく自分の車は隣の空の駐車場に止めさせてもらって、一応ワイパーにメモを挟んでおいた「至急移動してください、借主」として、電話番号を明記しておいた。電話もなく、いつ移動したかもわからないまま、確認もせずに帰宅した。そんなもんか、やっぱりもっときつく「迷惑です!」と書くべきだったかなとちょっと憤懣な気持になっていた。ところが今日、中年と思われる男の人からお詫びの電話がかかった。ちょっとした間違いで止めてしまったこと、不注意に気をつけますと丁寧に詫びられたので、こちらも「ご丁寧に・・・・」と言ってしまった。迷惑はかけられたけど、ちょっと嬉しかった。
 
 <炎天下に咲くいて癒してくれた睡蓮の花・・・・もう終わりかな?>
水連
 <今年の夏のマイブーム、「大豆たっぷりグラノーラ」・・・・牛乳と抹茶をかけて朝食や夜食に食べた。少し甘いが抹茶のほろ苦さが加わるとより美味しい。夏バテか、最近大好きなコーヒーがあまりほしくない・・・健康のバロメータのはずだが・・・・。>
グラノーラ


しまの風景~~~リポーター吟

08月28日(火)23時50分
 今日、時子ママは松茸ご飯を作ったのにお客様がいらっしゃる気配がないのです。で、一人で美味しそうに試食しながら、「こんなに美味しいのに誰か食べてほしいなぁ~」って、ご常連のNさんに「今日、松茸ご飯炊いてますが・・・」と電話してました。Nさんはアイスキャンデーのお土産を持って来てくださいました。続いて、ご近所のMご夫妻とご常連のYさんがご来店になり、全員松茸ご飯とシジミ汁を召し上がって下さって完売したようです。
 Mご夫妻は今日で2回目のご来店。コンサートにも行かれるとのことで、お店に置いているチラシやステレオにも興味を示されて、LPレコードを聴かせてほしいとご要望がありました。時子ママはピエール・フルニエのチェロを聴いてもらったようです。「優しい音でいいですね」と、奥様はレコードのジャケットもご覧になっていました。
 松茸ご飯も、レコードも喜んで頂いて良かったね時子ママ・・・・吟でした。

 <最近、砦だった天袋を降りて、シューズボックスの上で寛ぐことにしました。勧誘などの人がチャイムを鳴らしたら、ドアの前に行って「ニアオー!」と中から威嚇します・・・吟は内弁慶です>
8gatu.jpg


証明

08月28日(火)23時18分
 先日、お盆休みにペン塗りをしたことをブログに記した。で、ブログを読んで下さったお客様の何人かが、ご来店されて「どこを塗ったの?・・・え~分らない・・・どこが変わったの?」な~んて、つれないことをおっしゃる。確かに劇的には変わっていないが、写真をご覧いただきたい。一つ訂正させて頂くと、ペンキではなくて色付きのニスを塗ったのでした(ペンキとニスは違うらしい)。

 <上が塗装前、下が塗装後・・・写真撮っていてよかった>
ビフォア
アフター



シニアですが・・・・

08月25日(土)23時50分
 光台のけいはんなプラザで「わが母の記」が上映されている。車ですぐに行けるので、今日は朝から観に行った。けいはんなプラザはいつも1000円と安いのだが、今日何気に料金を見たら「シニア700円」とあった。
ちょっと躊躇しながら「シニアですが・・・」と言ったら、「何か証明出来るものを見せてください」と言われ、運転免許証を出して、シニアで見ることが出来た。その話を、常連のお客様に話したら「えっ!シニアって65歳からじゃないの?」と言われた。私はまだそこまでは・・・・シニアって何歳から?
  
 映画は、小説家井上靖の自伝的小説を映画化したもの。この小説は読んではいないが、「氷壁」など、井上靖の本は好きだったので観ることにした。家族の絆がモチーフになっていて、最後の方はハンカチが要った。認知症が進んでいく母親役の樹木希林の演技が素晴らしかった。
 


目覚め草

08月24日(金)23時16分
 朝顔は、目が覚めると咲いているので「目覚め草」とも言う。猛暑の中で蔓を勢い良く伸ばして、ついにさお竹を越してベランダの天井に達してしまった。今年はベランダの掃出しの窓のところに蔓を這わせるように仕立てたら、素敵なお花のカーテンになった。朝、目覚めて花を見るのが楽しみである。ベランダに出て水をやりながら眺めて、コーヒーを飲みながら、網戸越しに楽しむ。内側にも咲いているので、涼やかで、豊かな気分にしてくれる。お花に感謝!

asagao8gatu22.jpg


そうだ!尾道へ行こう~~♪

08月22日(水)23時50分
 お盆休み開けにふと目にした朝刊の「林芙美子、康成への手紙も放浪?」の見出しが目にとまった。林芙美子から川端康成にあてた書簡の2枚のうち、行方不明になっていた1枚目の書簡が、林の親族から預かった資料の中から発見され、尾道市が保管していた2枚目といっしょに9月2日まで「おのみち文学の館」で公開される、とあった。尾道は映画や小説に登場した町として、行ったことはなくても何か郷愁を感じる町に印象付けられていた。いつかは行って見たいと思っていた。「そうだ、尾道へ行こう!」と即決。ちょと頑張りすぎて疲れていたので、いい機会だった。
19日新幹線に乗って、福山で在来線に乗り換え尾道へ。駅で泊まるホテルだけ予約して気ままな一人旅を楽しんだ。楽しみな夕食は、和食店とイタリアンのお店を梯子した。和食はいまいちだったが、イタリアンは当たり!
牛肉のワイン煮が美味しくて、ワイン3杯も頂いた。自分へのご褒美!
 
 ① 駅で可愛い駅長さんが出迎えてくれた(残念ながら作り物・・・でも和みます)
onomiti-ekityou.jpg

 ② 二日目、早起きして散歩。新尾道大橋の向こうの美しい朝日を拝む
asahi-onomiti.jpg
 
 ③ 千光寺山にロープウェイ登り、文学の小道を降りた。なるほど、風光明媚な尾道。
   手前の大きな建物は「尾道市立美術館」、残念ながら月曜日は休館日。
<br""

 ④ 志賀直哉旧居、この建物の一部を借りて1年ほど住んで、ここで「暗夜行路」を書き上げたとのこと。
志賀直哉

 ⑤街の中にある林芙美子像、本命の書簡は「おのみち文学の館」でしっかり鑑賞した。肉筆だと思うと心が騒いだ。
林芙美子
放浪記より


盆休み4日目

08月15日(水)22時50分
 毎年お盆の15日はいつもお世話になっているお宅の仏壇にお参りして、ついでにお坊さんの昼食のお手伝いをさせて頂く(そのあとに私もお昼をご馳走になるが)。お坊さんの到着が1時間ほど遅れたので、お暇したのが3時ごろになった。
 今日は、昨日のペンキの仕上がりが悪いところを補った後、接続しないままにしていたレコードプレイヤーとスピカーをアンプに接続した。そして、LP版でドヴォルザーク「新世界より」を聴いてみた。カラヤン指揮、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団。先日、大フィル、コバケンさんで聞いた曲だ。もちろん、それに勝ることはないが、針が降りる瞬間がいい。CDとは違って、音が柔らかく、懐かしい感じで心までが優しくなるようだ。しばらく庭の緑を眺めながら聞き入った。ちょっと幸せな時間を過ごした。そのあとは、倉庫を片づけていらないものを整理したり、台所、冷蔵庫の中と、働き蜂のように働いた。休みはあと1日、たぶん肝心なことはできないで終わりそうだ。
 
 庭の植物たちは、大雨のおかげで元気を取り戻して生き生きとしている。遅咲きのアジサイ「ライムライト」が満開で美しい。

ライムライト


しまリフォーム・・・ペンキ塗り

08月14日(火)22時15分
 今日は、盆休み3日目。しまオープン以来気になっていた塗料が剥げた床のペンキ塗りをした。珍しく、めったに顔を見せない息子が来たので、少し手伝ってもらった。まず、テーブルと椅子、クラビノーバなどの障害物をテラスなどに移して掃除機とモップで水拭きをして、テラスに面したとこから塗り始めた。天井のペンキ塗りに比べたら、とっても楽で簡単。
塗っては扇風機で乾かし、その合間にパソコンに向かいチラシの調整をやったり、とても無駄なく働いた。あと少しで塗り終える。きれいになった床を眺めながら、あと二日の休みでは足りないなぁ~と一人呟く。

 今朝の雨と雷は恐怖感を覚えた。短い時間の停電3回。昨夜ネットのニュースで知った、明神平の子供たちのことが心配になった。家で寝ていても怖いのに、山の中でどれほどの恐怖感と向かい合っているかを思うと、「どうか無事で下山できますように!」と祈った。全員無事で良かった。

  <階段の脇にあるススキは豪雨で横倒しになってしまった>
すすき


チェロリサイタルのチラシ

08月14日(火)21時34分
  9月23(日)「近藤浩志 チェロリサイタル」のチラシができました。
コンサートのために東京滞在中の近藤さんとメールや携帯でやり取りしながら、やっと出来上がりました。先ほどネットで発注しました。チェロは近藤さん所有のガリネリウス。パソコンはあまり得意ではないので、ネットでの発注にも一苦労、3日目にしてやっとです。
 チェロブログ


とんだ燈花会

08月13日(月)23時08分
友人と燈花会に行った。「どしゃ降りになるらしいわー」と言う友人に、「傘は持った方がいいと思う」と言いながら持つのを忘れていた。新公会堂前・博物館前・浮見堂と回っているうちに雨が落ち始めて、直ぐに本降りになった。友人の傘に入れてもらったが、二人ともずぶ濡れになってしまった。濡れた浴衣は歩きにくい。頭にかぶったハンカチを何度も絞って頭に載せた。やっと奈良駅にたどり着き、着ていた有松絞りの浴衣は右の袖をさらに絞った。「天気予報って、当たるんだ!」と、バカなワタクシ。神戸から初めて燈花会に来て下さった友人はめげずに、「また来年も来るわ」と言ってくれたのでほっとした(私が傘を持たないで、迷惑かけてごめんなさい)。
  <新公会堂前>
灯花絵
  <浮見堂>
浮見堂


TOP次のページ>>

template designed by honome

しまブログカウンター

カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

tokiko

Author:tokiko
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR