家庭料理と地酒しま

お知らせやお店の日常、愛猫、趣味のことなどを綴っています

感動のDVD

06月28日(木)23時54分
 3月に放映された「小澤征爾さんと音楽で語った日~チェリスト・宮田大・25歳~」という番組の録画を友人に頼んでいたものを、やっと見ることができた。指揮者の小澤征爾さんも宮田大さんも言わずと知れた素晴らしい音楽家であるが、大病と闘った後の小澤さんと若きチェリスト宮田大さんが、ハイドンのチェロ協奏曲のために、音楽で向き合って、語って、語って素晴らしいコンサートになったことが、ナレーションとともに仕上げられていた。小澤さんは宮田さんに「気が優しくて、性格が良すぎる、頭のいい演奏をしている」、何度も「下品に、下品に」を繰り返し「もっと自由に演奏しなさい」など、コンサート初日の直前まで彼を揺さぶり続けていた。すごい目力で迫ってくる小澤さん、優しい品のある顔立ちの宮田さんが懸命に応えようとしている。もちろんコンサートは大成功だった。体力がなく疲労困憊状態まで突き進む小澤さんは、コンサート二日目は指揮台に立つことが出来なかったのだ。水戸芸術会館の客席からはブーイングが飛び交ったが、客席にいた会館館長で音楽評論家の吉田秀和さんが立ち上がった。かくしゃくとした風貌で毅然として状況を収めた様子が映し出されたことには驚いた。吉田さんは先月98歳でお亡くなりになったが、その少し前まで素晴らしいお仕事をされていたのかと思うと、とても感慨深いものを覚えた。せめてお亡くなりになる前にこの映像を見るべきだったと後悔した。
 それと、宮田さんのチェロはあの斉藤秀雄さんのチェロをお借りしているとのことで、中からたばこの吸い殻が出てきたなどのお話は、おこがましい言い方だが「超大物音楽家」らしくてと面白いと思った。
 しまを再開して自宅でCDを聴いたりビデオを見る時間が無くなっていたが、録画をみれてよかった!今度は、宮田大さんのチェロを生で聞きたいと思っている。

 


プリティ・ウーマン

06月26日(火)23時51分
 友人と雑談の中で、シャンパンとイチゴがマッチすることを知ったと話したら、映画「プリティ・ウーマン」にそんなシーンがあるとのことでビデオを貸してくれた。エリート実業家エドワードとコールガールビビアンはふとしたきっかけで出会った。お互いにビジネスの筈が、やがて惹かれあうことになる現代版シンデレラストーリーで、人気のアメリカ映画だった。出会って直ぐに超高級ホテルにビビアンを招いたエドワードは、チェックインの際「シャンパンとイチゴ」をルームサービスで頼んだ。最上級の部屋に戸惑いながらも無邪気に振る舞うビビアンに、シャンパンとイチゴを勧めて「イチゴはシャンパンが引き立つ」と付け加えた。なんとオシャレなセリフ、甘~いイチゴにキリット辛口のシャンパンの味がまろやかに、この上なく美味しくなるような感じが想像できた。仕事一筋で人を思うように動かしてきたクールなエドワードが、コールガールのビビアンのことで嫉妬し愛に目覚めると言うロマンチックコメディ映画は、小気味良く面白かった。
 最近は、映画も見ないし、テレビドラマもほとんど見ないが、今NHKで「初恋」というドラマをやっている。再放送を偶然に見てからハマってしまった。主人公が、言語聴覚士と医者と設定も元ナースとしては興味があるところでもある。ストーリーはともかく、人間の持っている本質はそんなに変わるものではないと思う。


しまへ初出勤しました~~吟

06月25日(月)20時11分
 今日は「吟ちゃんもしまへ行こう」って、時子ママにキャリーバックに入れられて、しまへ連れてこられました。また、病院かと思い泣き叫びました。しまの庭の芝生の上に出されたのですが、怖くて震えました。バックは嫌いだけど、まだましです。ず~と、バックの中に隠れてました。ちょっとだけ庭の様子を見ていたら、可愛い子猫とお母さん猫が庭を走ったりしていて、ビビりました!早く家に帰りたいです。

 <腰抜け状態で動けません・・・・怖いよー>
gin-2.jpg

 <このバックの中から出れない吟・・・・時子ママが庭仕事を終わるまで隠れます>
gin-sima1.jpg


6月23日満員御礼~~吟

06月24日(日)22時34分
 昨日のしまは、オープンと同時にテーブルもカウンターも満席でした。
前夜ご予約頂いた大阪フィルの8名様は、それぞれ、バイオリン、ビオラ、チェロをお持ちになって、6時前にはご来店になりました。コンサートマスターの崔 文洙(チェ・ムンス)さんもいらっしゃったのでちょっとびっくり!奈良県主催のムジークフェスト奈良の、100年会館でのコンサートだったようです。皆様、笑い声いっぱいで、写真を撮ったり、本当に楽しそうでした。生ビールお代わりが早いので、ピンチピッターで来てくれた百合ちゃんもてんてこ舞い。もちろんお酒もた~くさんお飲みになっていました。先日スポット入荷した「ひと夏の恋」には大喜びでしたが、山形の「くどき上手」が一番好まれたようで、一升瓶の2本目が開いたようでした。
それにしても、床に超高級楽器が並んだ時は壮観でした。たぶん億単位、何かあったら大変だー!
崔 文洙さんは、少し早めにお帰りになりましたが「また来ますと」時子ママに握手をして下さいました。やはり、
オーラがある方でした。
 カウンターは、時々ご予約いただく素敵な女性の3人様(しまではお若いお客様です)。お任せコースで、お酒も、お話も楽しんでいらっしゃいました~(時に、女性の辛口トークは興味津々)。初めてご予約でいらしたおひとり様は、しまを紹介して下さったの常連様2人がいらっしゃって、お互いに驚いて、ご一緒に盛り上がって、随分いろんなお酒をご注文いただきました。「ひと夏の恋」は全員のお客様がお飲みになっていました(ネーミングって大事です)。結局、ほとんどの方が11時頃までいらっしゃって、近藤さんの代行が来たのは、12時を回っておりました。近藤さん、たくさんのお客様をお連れ頂きありがとうございました。メンバーの方へのお気遣いや、カウンターまでご注文にいらして頂いたり、お疲れ様でした。・・・・吟

 <時子ママが帰ったのは午前3時前でした。今日も待ちくたびれましたけど「吟ちゃん、お留守番ご苦労様」と  言ってくれるので、一応「ニヤーンも・・(どういたしまして)」と返しておきました。でも、もうちょっと早く帰ってほいしな~お腹空くもんね>
gin 11gatu


ひと夏の恋

06月21日(木)23時45分
 「ひと夏の恋」って、ドキッとしませんか? 季節限定の日本酒です。
昨年もしまに登場しましたが、おじ様方が満面の笑みでお飲みになっていたのを思い出します。
お米は「ひとめぼれ」を55%まで磨いていて、爽やかな一本です。
♡♡のラベルも可愛い「ひと夏の恋」を今年も是非お楽しみ下さいませ。

宮城県 新澤酒造店
使用米:ひとめぼれ  精米歩合:55% 日本酒度:+3 酸度:1.8 アルコール:15~16度
ひと夏の恋


「ひと夏の恋」のあとには「東北泉」の純米超辛口はいかがでしょうか。
こちらは、山形県の酒米「出羽の里」70%の精米で、すっきり切れのいい日本酒です。

山形県 高橋酒造
使用米: 山形県産 出羽の里 精米歩合 70% 日本酒度 +13 酸度 1.6 アルコール16~17度
東北泉


塩をなめたらいけません

06月20日(水)23時53分
 18日のオーバーワークのダメージからやっと回復した。
 あの日、疲労困憊の体を休めた後にロウバイのことをブログに書いていた。急に気分が悪くなり吐き気がしてきたので、慌てて車を運転して自宅に帰った。強い脱力感と吐き気で、吟に餌をやることも出来ずに倒れこむように横になったが、あまりの気分不良に不安になった。ふと、電解質のバランスが崩れているような気がした。夕方まで慣れない木の剪定を汗だくになってやった後に、ウーロン茶を何杯も一気飲みしたことを思った。血圧を測ったが正常。ふらつきながら台所に行って塩を一つまみ水といっしょに飲んだ。少し気分が良くなったので、また一つまみ口に入れた。しばらくしたら吐き気も治まり、少し元気が出たので吟に餌を与えることが出来た。脱水状態のところに水分を多量に摂ったために低ナトリウム血症になっていたように思われた。塩が美味しいと思った。さらにもう一つまみを飲んで眠りに就いた。塩の大切さを身をもって実感したのだった。
 昨夜は、まだ疲れが尾を引いていたので、9時にお客様をお送りして早々に帰宅して体を休めたので、今朝は早起きが出来た。読めないでためておいた新聞にさっと目を通して片づけてスッキリした。久しぶりにテレビ体操もやってみた。体がものすごく固くなっていて愕然とした・・・・ショック!・・・加齢、加齢現象!あ~ぁ!

  <整理した新聞入れの箱に素早く納まる吟・・・人の気も知らないで>
吟6月20日


ロウバイしました?

06月18日(月)21時41分
 真冬に美しい花を楽しませてくれた蝋梅の木にたくさんの実が付いた。あまりにたくさんなので、何か利用法はないものかと思いネット検索したら「食べるも含め何の利用法もありません。実生で苗を作るだけです。木につけたままですと木に負担となりますから、いそいで取ったほうがいいです。」とあった。
”いそいで”に狼狽した(ホント)。直ぐに高枝バサミを持って来たが、高いところに鈴なりになった実を
取り除くのは至難の業とみた。で、鋸で枝ごと切ることにした。木を弱らせてはいけないと思って頑張った。やり終えたら、肩も痛くて疲労困憊状態で倒れこむように横になった・・・・「年を考えなさい」どこからかそんな声がしているようだ・・・・あぁ~疲れた!明日仕事できるかな?
 
 <鈴なりのロウバイの実>
蝋梅

 <枝を切り落とした実・・・・見えているのの3倍位はあった>
蝋梅の実


天野加代子 in しま

06月17日(日)20時23分
 6月3日のコンサートの一部を、お客様のY様がユーチューブにUPして下さいました。

       http://youtu.be/U4Q-diJPW8U


6月14日 しまの風景~~~リポーター吟

06月15日(金)23時49分
文字色 実子さ~ん、お久しぶりです!
しまの常連様のアイドル的存在だったチェリストの左納実子さん(結婚されて城甲実子さん)が2年くらい振りにいらっしゃいました。時子ママは結婚式以来の再会です。他にお客様もなかったので、とりあえず積もるお話で二人で盛り上がりました。でも何か召し上がるものをと、注文聞いてママが台所に入るや「いや~!お久しぶりです」と、入ってきたお客様と再会を喜んでいる実子さんの声。ご常連のYさん登場で、またまた二人で盛り上がっていました。
 それから、最近ご贔屓にしていただいている某クリニックのドクターがお二人連れでご来店になり入り口のカウンターへ。
 そこへ、ご常連のIさんが手土産をお持ちになって(大好きな御座候)空いているドクターの隣にお座りになりました。でで・・・そのIさん、いきなり初ご対面のはずのドクターへ「その節はお世話になりました、お陰様で・・・・」な~んて、世の中狭いもんですね~。
 それぞれにお話ししていたのが、皆様でいろいろと話題が展開して楽しげでした。実子さんは、明日が新公会堂での本番ということでお帰りになりました。そのご、ドクターのお嬢さんがチェロを始めた話で盛り上がっている所へ大フィルのチェリスト近藤さんが3人様でご来店されて、話の流れでお嬢さんのチェロのレッスンをお引き受けしてもいいですよ、なんてことになり名刺交換されてましたね~。どうなるか楽しみで~す。ついでに(失礼)、Yさんと近藤さんも名刺交換、お互いにちょん髷のヘヤースタイルで向き合っているのを、近藤さんのお友達が「おんなじ髪して向き合っていると面白~い!」笑っていました。「あはは・・・お侍さんの名刺交換ですね」と、アホな時子ママ。
 皆様、実子さんお土産のシュークリームや御座候も召し上がりながら、お酒を楽しんでいらっやいました(お酒に合うんでしょうか?)。
皆様の交流の輪が広がって、いいことがあると嬉しいです。それが時子ママのやりがいらしいですよー!
 ダジャレなどの面白いお話もたくさんしたいですが、これにて・・・・吟でした。
 
 <私たちしま友達です>
実子さん



納豆スパゲティ・・・受けるかな?

06月13日(水)23時50分
 しまは、随分前から有機・無農薬の大豆で作った納豆を取り寄せている。普通に市販されている納豆の2,3倍のお値段だが、美味しくて安全なので「じゃこおろし納豆」として常にメニューに登場している。常連様には愛されているが、人気メニューにはならない。違うレシピも考えねばと常々思っているし、自分ではあれこれと作って試してはいる。
 寒い間は人気メニューの「ほうとううどん」をメニューから外そうと思っているので、それに代わる麺類として、「納豆スパゲティ」を登場させたいと思い作ってみた。以前から何度か日替わりメニューに出したことはあるが・・・・定着するかしら???私は美味しいと思っているが。


 <納豆スパゲティ・・・納豆にじゃこ、大葉、梅干し(自家製)を潰したものを混ぜてスパゲティにトッピングして、カツオと昆布の出し汁をかける> 
納豆スパゲティ


TOP次のページ>>

template designed by honome

しまブログカウンター

カレンダー

05 | 2012/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

tokiko

Author:tokiko
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR