家庭料理と地酒しま

お知らせやお店の日常、愛猫、趣味のことなどを綴っています

アゴラ音楽クラブのコンサート

02月26日(日)20時50分
 アゴラ音楽クラブ「春のコンサート」に行ってきました。
ホールへ入るなり、しまのお客様に声をかけられました。しまのブログをご覧になって来て下さったとのこと。
嬉しかったです。
 午後1時に始まって、終了したのは4時を回っていました。お店の準備があるので中座させていただこうと思っていたのですが、あまりに素晴らしいコンサートで、席を立つことができませんでした。
 障がいをもっている人たちが真摯に奏でる音楽は、何の抵抗もなくストレートに心に入ってきてとっても穏やかな気持ちにさせていただきました。ほほえましいしぐさに笑い、素敵な演奏に感動が高まり涙して、忙しいことでした。恥ずかしいと思っていたら、隣のしまのお客様も
泣き笑いされていました。
 ピアソラのりベルタンゴ、ピアノで優しく癒されました。
 終盤のアゴラ太鼓は、圧巻でした。まず、座長の水野恵理子さんのパワーに圧倒され続けました。
10人ほどの演奏者が力いっぱい、6曲を披露して下さった。それはそれは見事でした。
和太鼓が大好きになりました。お衣装も素敵でした。
 音楽って、人を感動させる音楽って、テクニックや高名な音楽家だけではないことを改めて認識しました。
 恵理子さま、アゴラ音楽クラブの皆様、ありがとうございました。
 
 アゴラ音楽クラブのHP(名前で検索)をぜひご覧になって下さいませ。


リベルタンゴ
 (↑)リベルタンゴの演奏、右のカホンをたたいている女性はマリンバ指導の先生
アゴラ太鼓

 (↑)後方中央が恵理子さま(↓) 手をあげている三人の左が恵理子さま  
ー2アゴラ太鼓


お勧めコンサートのご案内

02月21日(火)15時03分
NPO法人「アゴラ音楽クラブ」は、ピアノ教師の水野恵理子さんが理事長を務められている。
アゴラ音楽クラブ主催、「春のコンサート」(第10回)が開催されます。
水野恵理子さんは、しまのお客様でもあります。パワフルでチャーミング、とっても素敵な
方です。元気を頂けること間違いなし!ですよ~。ぜひお出かけくださいませ。

【日時】 2012年2月25日 13:00開演

【会場】 学園前ホール(近鉄学園前駅南口すぐ)

【内容】 知的障がいを持つ子ども、成人によるピアノ、マリンバ、和太鼓、ダンス、
     器楽合奏など盛り沢山のプログラムと、ロビーでは手作り作品や活動に
     関するポスターの展示をしますので、皆さまぜひいらして下さい。

【問合】 水野 恵理子 Eriko MIZUNO
     NPO法人アゴラ音楽クラブ理事長



春の兆し

02月20日(月)17時47分
 昨日、今日と日中は日差しが暖かい。植物に水をたっぷりやって、冬枯れの庭を少し
きれいにした。枯葉を熊手で払うとフキノトウを発見!7つほど蕾がでている。
「♪~~~は~るが来た、は~るが来た~~~♪」と思わず口ずさみたくなる。
フキノトウ

鉢植えの梅は開花宣言!地植えの梅はまだ固いつぼみ。東京では梅の開花は15日くらい遅くなるとのこと。
ウメ開花

椿の代表、藪椿も一輪開花していた。椿の中でも一番好きな花だ。
「春の花が櫻や桃だとすると、椿は春を呼ぶ花」とは先日新聞のコラムにあった。
なるほど、椿は木の春と書く。
日も長くなってきている。植物たちは寒さに耐えながらつぼみを確実に膨らませている。

藪椿開花


「浅川和宏 オーボエリサイタル」のご案内

02月15日(水)23時11分
大阪フィルの第一オーボエ奏者、浅川和宏さんのリサイタルのご案内をさせていただきます。
浅川さんは、しまのコンサートのきっかけをつくって頂いた方です。お陰様で、素晴らしい
音楽を贅沢に楽しませていただきました。心より感謝申し上げております。
ピアノは奥様の晶子さんです。
しまのお客様は浅川さんのファンが多いので、みんなで押しかけることになりそうです。


3月25日(日)学園前アートサロン空で午後3時開演、チケットは2500円です。
チラシとチケットはしまにも置いてますので、宜しくお願い致します。

オーボエチラシ


アフターコンサート

02月12日(日)23時21分
今日、隣のアートサロン空でのコンサート「ロシアンロマンス(歌曲)」に
行った。
メゾソプラノ天野加代子さんとピアニスト恒川裕子さんの共演。
天野さんは大柄でエキゾチックな雰囲気のかたで、魅力的な瞳で表情豊かに
ロシアの歌の世界につれて行ってくれた。
全曲ロシア語だったが、曲の説明も楽しくて、「黒い瞳」は素晴らしかった!
ロシアにまつわるお話も興味深く、1時間のコンサートがとても短く感じられた。
終了後、6月に京都のロシア料理店「キエフ」でコンサートをされるお話をきっかけに、
しまに寄って下さることになった。ピアニストの恒川さんとお弟子さんもご一緒にしまで
コーヒータイムと相成ったのだが、天野さんはユーモアにあふれて、とっても気さくな方だった。
異国ロシアでの生活やお得意のお料理の話など話題も尽きることなく、楽しい時間を過ごさせて
頂いた。
一緒に写真も撮らせて頂いたのに、SDカードを入れるのを忘れていてパソコンにアップ
出来な~い。あぁ~またドジってしまった!


厳寒に咲く花 その2

02月10日(金)23時48分
   ♪~~葵の上にございます~~♪

葵上

椿は日本のバラとも言われ、バラと同じように素敵な名前がつけられている。
この椿は「葵の上」、源氏物語の光源氏の最初の正妻と同じ名前である。
名前に惹かれて求めたが、八分咲き位が美しい。年末から咲き始めて、この寒さの中でも躊躇せず、
たくさんついた蕾を次々に開花させている。けなげで頼もしい!
ちなみに、葵の上没後に妻となった「紫の上」という名の椿もある。椿図鑑の写真でしか知らないが、
その名にふさわしく気品ある紫色で、一重咲きの美しい花だった。
「光源氏」という八重咲きの椿もあるようなので、3種をそろえてみたいものである。


厳寒に咲く花

02月09日(木)16時25分
外は粉雪が舞っている。この寒さの中でう~んと背伸びして青空に向かって咲き誇っているのは
「蝋梅」。よほど寒さに強いらしい。花は蝋細工のようで梅に似ていることから、そう呼ばれている。
年明けから咲き始めて今満開、とてもいい香りを漂わせている。お花が少ない季節だけに貴重な存在だ。
まだまだ楽しませてもらえそう!梅はまだつぼみ。

蝋梅

roubai.jpg


2月のお菓子

02月08日(水)00時45分
先日5日、2月のお薄を楽しむ「喫茶去の会」をした。
お菓子は鶴屋吉信の「福ハ内」、ソラマメの形をした焼き菓子で、中はこしあん。
杉の桝箱の中に美しく盛り合わせされていて、蓋には「福ハ内」の焼き印が押している。
誕生したのは、明治37年(日露戦争開戦の年)とのことだから長い歴史がある。
立春を祝うお菓子で、桝に入れて桝々繁昌とかけているらしい。形が可愛らしいのと、
季節限定なので、2月のお菓子として毎年登場している。
今回は桝をそのまま菓子器として使ってみた。

福ハ内





黒豆ごはん

02月02日(木)00時14分
友人に丹波の黒豆茶を頂いた。
お茶にする前に、まずビールのおつまみにお試し。
香ばしくて、なかなかよろしい・・・・・で、ごはんにも炊き込むことを思いつき、
さっそく実行。お昆布出しに、お酒とお塩を加えて後は炊飯器に任せた。
途中芳ばしいいい香りがして、美味しさが想像できた。
ランチで13名様に提供し、好評を頂いた。
(今日、またご予約いただいてありがとうございます)
黒豆ごはんと日本酒、合いそう~~~~♪なんて、私だけかしら? 

黒豆ごはん


TOP

template designed by honome

しまブログカウンター

カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

プロフィール

tokiko

Author:tokiko
FC2ブログへようこそ!

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR